【2020年最新版】英語を取得するメリット

【2020年最新版】英語を取得するメリット

英語を学習するためのモチベーションを保つのは難しかったりします。確かに、友達や先輩とかで英語をペラペラ話せるのはかっこよかったったりしますが、それ以上のメリットが見えにくかったりします。

さらに、話せるようになるのには、それなりの時間がかかるわけで難しいところが出てくるとやる気がなくなったりします。

単純に英語ができることによって、いろんなことへのハードルが下がってきます。海外に住むのにも、旅行をするにも、外国人の友達を作るのもなんでもできます。

人生の自由度が一気に上がって切るわけで仕事においても、プライベートでも得をすることが多くなってくるでしょう。そこで今回は英語を勉強するにあたってのメリットを紹介していきます。

英語を学ぶにあたってのメリットは「自由になるための手段」

英語を学ぶにあたってのメリットは「自由になるための手段」

①好きな場所で暮らせる

英語を習得すれば好きな場所で暮らすことができます。必要となる英語力はどこから収入源を得るかにもよりますが、インターネットを使って日本から収入を得ることができれば、日常会話レベルができれば海外生活をすることは十分に可能です。

さらに収入源はインターネットからですので、、好きな場所に好きな機関住むことができます。Wi-Fiがあればどこでも仕事ができます。最近はこのようなスタイルで海外で暮らすという人は増えてるみたいです。

一方、一つの国に拠点を構えて現地で仕事をするとなると、英語+現地の言葉を習得する必要があります。語学力と特殊なスキルがあれば海外で暮らすことは十分に可能です。

②自由に海外を旅することができる

旅行は好きだけど英語が喋れないなんて人

は多いと思います。出張などで海外に行くという方も少なくはありません。

その時に英語を話せるだけでだいぶ不安が解消されます。道で迷子になっても街の地図を読むことができたり現地の人に道を聞くことだってできます。ホテルに滞在しているとき何らかのトラブルがあっても、受付の人に説明もできたりもします。

英語が読めれば、海外旅行も格安で行くことができ、LCCがあるので国から国への移動も数千円で簡単に行けます。

ただホームページが英語版のみであることが多いです。ここで英語ができれば、簡単に格安のチケットが購入できるわけです。特にヨーロッパはRyanairやEasy Jetといったバスの運賃みたいな価格で航空券を販売している会社もあるので、少し英語が読めれば簡単に複数の国を渡り歩くことができるのです。

日本では思いつかいなアイデアにたどり着くことができる

日本では思いつかいなアイデアにたどり着くことができる

得られる情報量と質

インターネット上にある英語ベースの情報量は、日本語に比べて何百倍もあるとよく聞きます。これは事実であって、学術論文などを検索しても、日本語だと最新の情報が得られることはありません。それは世界で通用する英語でなきゃ読んでもらえないからです。

普通に情報を検索するにしてもそうです。例えばスペイン語の勉強を始めたいなと思った時に、Googleで検索して日本語のサイトには「何年前に書かれたんだろう?」と思ってしまうようなサイトばかりです。

一方、英語のサイトを見ると最新の情報も含めて、いろんな情報が載ってます。しかも複数のサイトがあるので、自分に合ったサイトを見つけることができるだろうし、適度な競争が行われているので、質の良いサイトが上位に上がるようになってます。

しかも英語だとYouTube動画もたくさんあるので、もはや英語ができれば教材を買わなくてもある程度のレベルまではスペイン語を習得できてしまいます。

違う視点から考えることができる

日本にいるとどうしても情報が偏りがちです。みんなと同じニュースを見て、みんなと同じ食事をして、みんなと同じ服を着ている。そこから何か変わったアイデアが思い浮かぶってことは、あまりないです。そこから生まれてくるのは、想像の範囲内のことであることが多いです。

いつの時代も新しいアイデアを生み出す人は、人と違う人生を歩んできた人が多いです。ビルゲイツ・スティーブジョブスなど歴史を作ってきた人たちは「変人」と呼ばれていた方たちばかりです。

英語を習得し、外国人とコミュニケーションをとるだけでも、日本人にはない考え方に触れることができます。

「なんで日本人はそんなに謝るの?」

「なんで日本人はそんなに働くの?」

「なんで日本人は黙ってるの?」

などなど、外国人が疑問に思うことなんて山ほどあります。

こうした考え方に触れれば、今まで縛られてきた常識、凝り固まった考え方から解放されるかもしれません。

海外のニュースを見てみると分かりますが、日本のニュースは偏っている部分がかなりあります。テレビから得ていた情報は、他の国では大して重要な扱いではないかもしれないし、逆に日本ではほとんど報道されていなくても、海外だと一大ニュースになってることもあります。

即効性のあるメリット

即効性のあるメリット

社会人は給料昇給

英語の勉強というと将来の自分に対する自己投資的なイメージがあります。

ただ、勉強すればすぐに得られることでもあります。最近だとTOEICでハイスコアを取るだけでお金がもらえるみたいです。

特にソフトバンクは900点以上あれば100万円支給されるようです。仕事そっちのけで点数を取りたいなんて人も多いそうです。800点でも30万が支給されるそうです。いかにソフトバンクが海外での事業に力を入れているのがわかります。

他の会社でも、奨励金がもらえるところも多いようなのでモチベーションは上がります。

大学生は就職で有利

大学生にとってはTOEICでスコアが使えるのは、英語の単位替わりにできるということです。多くの大学でも800点以上を持っている人は授業に出席しなくてもいいという仕組みがあるようです。

そして何と言っても就職活動が便利になってきます。外資系だったり、海外事業に力を入れているところであればだいぶ印象は高いと思います。おじさん世代は英語ができない人たちが多いので、英語ができる若者は会社的にも助かると思います。

就職を考えている人はTOEICのスコアだけでもあげておいたほうがいいかもしれません。

最後に

最後に

今回は、英語を話せて得するメリットについて紹介していきました。

1人1人レベルは違うかもしれませんが、英語を喋れて損することはありません。今年の夏には東京でオリンピックもありますので日本でも英語を使う機会が増えてくると思います。そんな中、自分なりに勉強をしていって目標を見つけてやれば結果が出ると思いますので頑張っていきましょう!

初心者ではじめから勉強をしたい人は以下の記事を参考にしてください。

【英語初心者向け】一から英語を勉強したい人向けのテキスト

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る