【社会人にオススメ】忙しい時間の合間にできる英語教材

【社会人にオススメ】忙しい時間の合間にできる英語教材

日本でも英語学習のあり方が変わってきています。今では小学生から英語が必修となってきており、日本全体が英語の必要性を考え直しています。

そんな時代であるからこそ、社会人になってから「改めて英語を学び直したい」「一から英語を勉強したい」と思う方が増えてきています。

しかし、勉強というのは堅苦しくて始めるのもどれから初めていいのかわからないと思う方も多いでしょう。

そこで今回の記事では忙しい社会人でも通勤時間や仕事終わりの時間などにでも気軽に英語を勉強できる本を紹介していきます

隙間時間にぴったりの単語帳

隙間時間にぴったりの単語帳

英語学習において第一歩と言えるのが簡単な単語を覚えることでしょう。英単語さえ分かれば相手に伝わる場合もありますし、英単語がわからなければ全く文章の意味もわからなくなってしまいます。

そして何より単語学習は短時間でも繰り返しの学習をすることでしっかりと自分に定着させることができます。

単語帳選びとして大事なのは例文がしっかりついていること繰り返し学ぶので難易度が高すぎないこと、この2点を重視すれば大丈夫です。

中学英単語をひとつひとつわかりやすく。

中学英単語をひとつひとつわかりやすく。
https://www.amazon.co.jp//dp/4053038480/

こちらは数学などでも大人気を誇るベストセラーの「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズからの英単語帳が出版されました。こちらは英語において基礎中の基礎である中学レベルの英単語を収録しています。

大事な単語にはイラストがついており、単語自体の基本イメージがビジュアルで理解しやすくなっており、記憶に残りやすい工夫がされています。また、正しい発音がわかるCDも付属しておりこちらを聞くことでリスニング、また発音の練習にもなる万能な単語帳となっています。

イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880

こちらは英語学習が苦手な人でもスーッと頭に入る単語帳になっています。こちらの単語帳の特徴としては、単語のイメージのイラストと語呂で覚えられるという点です。

勉強したくないけどしなきゃ、と思っている人はこちらの単語帳を眺めているだけでも十分学習効果が見込めるでしょう。

こちらは英語初心者からTOEIC対策まで幅広く単語を掲載しているのでこちら1冊で万能な単語学習ができます。

英会話はまずフレーズから学習

英会話はまずフレーズから学習

英語学習の目的としてTOEIC、英会話などが上げられるでしょう。しかし、文法や単語ばかり勉強していても結局英会話ができないという人の話はよく聞きます。

それでは参考書では英会話学習ができないと思っている人もいるのではないでしょうか。答えは「NO」です

英会話にはよく使われるフレーズというものがあるので、そちらのフレーズを覚えてしまえば案外簡単に英会話はできるのです。そのフレーズを学べる参考書を紹介していきます。

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)
https://www.amazon.co.jp/dp/4757402430/

こちらは日常会話などで使える簡単なフレーズを集めた本となっています。英会話を本格的に始めたい初歩の一冊としては大変良いスタートの参考書として作られています。

また、海外旅行などで使える簡単なフレーズなので旅行前に軽く勉強しておきたいという人にもぴったりです。

付属のCDでは日本語と英語が交互に入っているので、眠たくて本を読む気力すらない時にもこちらの音声をかけておけば学習できるという優れものです。日本人に英語を教えている講師が簡単な英語で話そうというポリシーで作成されているので肩肘貼らずに気軽な英語勉強のスタートが切れるでしょう。

基本の78パターンで 英会話フレーズ800

こちらは「会話のきっかけ17パターン」「気持ちが伝わる21パターン」「言えると助かる21パターン」「デキる大人の19パターン」の4つのパートに分かれており、用途別に学習ができるようになっています。

収録されているフレーズは中学英語レベルのものになっているので複雑なものはなく簡単に覚えられることができるでしょう。ユニークなイラストがついているので飽きることなく学習できます。

実用的なフレーズが多く、量的にはパターン78と例文800で多いとは言えませんが英会話のスタートとしては十分で尚且つ良質なのでオススメの1冊となっています。

最後に

最後に

英語学習の第一歩として単語帳とフレーズ集を紹介しましたがいかがだったでしょうか。いきなり難易度の高いものを選ぶより、分かりやすく、そして継続できる参考書を選ぶのが一番大事だと私は思います。

是非こちらの記事を参考に忙しい時間の合間にでも英語を初めて見てはいかがでしょうか。

TOPページを見る
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る