映画の英語を勉強できる本「スクリーンプレイ」、いつでもどこでも勉強できる「Audible」とは?

映画の英語を勉強できる本「スクリーンプレイ」、いつでもどこでも勉強できる「Audible」とは?

英語を勉強している方は一度は退屈だと感じてしまったことはないでしょうか。問題集をひたすら解いたり、単語を繰り返し覚え続ける反復作業ばかりやっているとどうしても飽きてしまいがちです。

楽しく英語が勉強できたら長続きするのになぁと言う人はたくさんいることでしょう。

そこで、今回は楽しく英語を勉強できる「スクリーンプレイ」と、いつでもどここでも勉強ができるAmazonのサービスAudibleについて紹介したいと思います。

スクリーンプレイとは?

スクリーンプレイとは?
スクリーンプレイを見る

スクリーンプレイとは英語学習の一種で好きな映画を見ながら映画の勉強ができると言う優れものなのです。

名作映画完全セリフ集『スクリーンプレイ・シリーズ』は、映画のセリフとト書き(シーンの説明)を完全に英語および日本語で文字化したもので、映画をバイリンガルな読み物として楽しむことができ、また英会話学習にも利用できるシリーズの名称です。

好きな映画や名作映画を見ながらの学習なので集中して勉強をすることができるスクリーンプレイですが、英語で「Screenplay」という名詞で、脚本または台本という意味があります。

映画を見ながら英語を勉強するという点では、洋画を字幕で見て瞬時に翻訳して字幕と照らし合わせるという学習方法もあります。

しかし、スクリーンプレイの特徴として上げられるのは完全独自描き下ろしのセリフを使っているので映画DVDなどの日本語字幕とは全く違うものとなっており、より正確な翻訳で映画内のセリフの意味が明確にわかるので学習しやすい点が挙げられます。

スクリーンプレイが誕生してからすでに28年が経過しているようで、現在は70種類もの製品が発売されています。

スクリーンプレイの魅力

スクリーンプレイの魅力

スクリーンプレイは映画の脚本を英語と日本語の対訳で読むことができます。一度映画を見ているとストーリの流れがわかっているのでスムーズに読むことができます。

映画では口語表現が多彩にされています。リアルに使われている表現を学ぶことができるので英会話にとても実用的なフレーズがたくさん覚えることも魅力の一つですね。

また、スクリーンプレイにはナレーション、状況の説明もしっかり描かれているので本としても純粋に楽しむことができます。

難しい単語や熟語、決まった言い回しなどはしっかりと解説がされているのでわからない英語があっても一々辞書で意味を調べるという億劫な作業が減らせるので英語学習に集中して取り組むことが可能です。

iPenでいつでも巻き戻し不要で何度でもセリフが聴ける

iPenでいつでも巻き戻し不要で何度でもセリフが聴ける

スクリーンプレイの中にはiPenという音声が出るペンに対応しているものがあります。

こちらはiPen対応のスクリーンプレイの中にドット印刷されているので、そのドット印刷にペン先を当てるとペン上部のスピーカーから音声が出るというものです。

音声データはネットで購入しCDを配送してもらうか、データがダウンロードできるのでそのデータをMicroSDカードに転送してペンに差し込むことで使用ができます。

iPenを使えば一々映画を巻き戻したり目的のセリフまで早送りする必要もなくネイティブの発音が聞くことができるので煩わしさもなくリスニング、発音練習に役立てることができます。

基本的に音声データはネイティブの標準的発生の録音音声となっています。しかし、クラシックシリーズででは著作権保護期間が終了しているので生の映画スターの音声で再生されるから嬉しいですね。

Amazonで購入できるオススメのスクリーンプレイ製品

Amazonで購入できるオススメのスクリーンプレイ製品

実際にAmazonで購入が可能なスクリーンプレイでオススメを紹介したいと思います。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー
amazonで見る

誰もが知る超名作映画バック・トゥ・ザ・フューチャーですが、映画内の音声も標準的なアメリカ英語の発音に近いことから英語学習に向いています。

英語のレベルとしても難しい表現もあまりされていないのでとっつきやすいとも言えます。

映画の内容としてはタイムトラベルと時代を行ったり来たりという展開があるので時制を意識した構文が使用されていて時制の勉強にも有用となっています。

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に
amazonで見る

数々の映画作品がある中でトップクラスに名作として名前をあげられる映画「ショーシャンクの空に」です。

舞台は刑務所なのでスラングやあまり標準的ではない英語が使われているシーンがありますが、英会話としてはそんな表現でも伝えられるのかと学びがあります。

また、主人公のアンディーは綺麗な英語を使うので対比して学習することもできます。

映画としてもかなり面白い作品なので飲めりこんで勉強することができるでしょう。

スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー
amazonで見る

一夏の少年たちの成長と友情を描いたこちらの作品。少年たちが主人公のため、聞き取りやすくわかりやすい英語が使われています。

小説感覚で読んでも非常に面白く、またスティーヴン・キング原作の小説との比較もできるのでこちらもオススメとなっています。

AmazonならAudible (オーディブル) もおすすめ!

AmazonならAudible (オーディブル) もおすすめ!
Audibleを見る

Amazonといえば、日本では家電や通販のイメージが強いと思いますが、実際には「中古本」の販売から始まった企業でもあります。

皆さん一度は聞いたことがある「Kindle(キンドル)」といった本に関連するデジタルアイテムも創業当初の事業の名残なんではないか?などとも思えてきます。

そして近年では、通勤、通学、ランニングなどの時間をを有効活用するために、本を「聞く」という新しいコンセプトで、需要が増している「Audible (オーディブル)」というサービスがあるのです。

画面を見ずにアプリで本を聞く

アプリで好きな本をダウンロードする。というコンセプトは「Kindle(キンドル)」とは変わっていませんが、注目したい点は「聞く」ということです。

目にして覚えたい人も多いかもしれませんが、耳で聞くことに合っている人にとっては、効率的な時間の使い方ができることでしょう。

prime

また、Amazonのサービスであることからも、プライム会員であれば様々な優待されたサービスを受けることができると思えますが、「Audible (オーディブル)」ではプライム会員など関係なく、別のくくりの会員制度担っているので、プライム会員でなくとも安心です。

Audible (オーディブル)の会員特典

Audible (オーディブル)の会員特典

・毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入できる

・会員なら追加料金なしで楽しめるコンテンツや、30%OFFでの単品購入も

・会員なら購入したボイスブックを返品・交換可能

・月額1,500円、いつでも退会できる

会員特典では、毎月付与されるコインで1冊好きな本が購入できたり、追加料金なしで聞けるコンテンツも整っており、単品購入出会っても30%OFFで購入できたりと様々なものがあります。

また、本の返品・交換まで対応しているという点では驚きです。

Audible (オーディブル)の会員特典2

(上)画像は実際にAudible (オーディブル)に会員登録する画面です。最初の30日間は無料体験期間として設けられており、30日後に自動課金される仕組みになっていることがわかります。

注目して頂きたいのは商品の内容部分。「お好みの2つのオーディオブック」という商品が0円になっていることから、無料体験期間に申し込むことで、2冊の本が無料体験できるというわけです。

結果的に、30日間で解約してしまえば2冊分は楽しめてしまうただただ無料のサービスとも言えます。

使い方、検索方法も超簡単

使い方、検索方法も超簡単

使い方、使い出しも非常に簡単であり、AppStoreもしくはPlayStoreで公式アプリをダウンロードし、会員情報を入力しログインするだけ。

何より、Audible (オーディブル)の1番の魅力をあげるとするのであれば「サンプルで聞ける本が多い」ということでしょう。

設定することと言えば、自分で聞き取りやすい環境を作ることや、外部の音を遮断する「ノイズキャンセリング機能」が搭載されているイヤホンを購入する。といったことだけです。

Audibleを見る

留学しないで「英語の頭」を作る方法

留学しないで「英語の頭」を作る方法
amazonで見る

非常に評価が高く、検索結果の上位に表示される英語関連のオーディオブックです。

英語を理解する上で訳してから理解するという頭を「訳さず理解する」ということを教えてくれる1冊です。

ある程度話せる人には、革新的な1冊。

ニュースとか歌を訳さず、脳にイメージ化する。

たくさん英語教材を買っては手放していましたが、この本だけは手放すことができない。

ボクにとっては、もっとイラストやCD付きで欲しくなる秀本です。

究極の英語リスニングVol.1 SVL1000語レベルで1万語(アルク)

究極の英語リスニングVol.1 SVL1000語レベルで1万語(アルク)
https://www.amazon.co.jp/dp/B00ZYIY6VM

兎に角リスニング力を上げたい。単語の理解を深めたい。という人向けにはおすすめな一冊がこちら。

英語は単語の理解の量で決まると言っても過言ではないので、出来るだけ様々な単語を耳にすることができれば、理解は早いでしょう。

ナレーションがとても聞きやすいです。また,人物ごとに雰囲気が出ていてシーンが目に浮かぶようです。

まとめ

まとめ

映画と本の融合で勉強ができるスクリーンプレイとAudibleの紹介いかがだったでしょうか。

映画というエンターテイメントを楽しみながらも英語学習ができるというまさに一石二鳥の英語教材となっています。

Audibleでは通勤、通学、ランニングなどの時間を有効活用でき、いつどこでも手軽に勉強できると言うのは非常に魅力的です。

英語学習がつまらなくて行き詰まっている方は是非スクリーンプレイ、Audibleで楽しく映画、音声で英語の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る