【英語学習】短時間の英会話勉強法とは?

【英語学習】短時間の英会話勉強法とは?

英語を習いたい、というモチベーションがぐっと上がった時に、短期集中して英語力をしっかり上げたいと思った方。学校の休暇や会社の休みが続く、この時間があるときに、徹底的に英語力を伸ばしたい!という方。

短期で英語力を上げるには、どんな勉強法が効果的なのか知りたいのではないでしょうか?

今回は普通の学生だった私が、独学で勉強した方法、短期学習に効果のある勉強法についてまとめてみました。

1.文章を丸暗記

1.文章を丸暗記

一見、丸暗記するには時間がかかって非効率的であるように感じるかもしれませんが、時間があるのであれば、英語学習に非常に効率的な勉強法です。英語が難しいと感じる一つの要因としては、どういったつながりで、特定の「文型」になるのか理解できていないことが多いからです。

例えば

I have been standing there for 45 minutes until now. I had been standing there for 45 minutes by 4 o’clock yesterday.

この文章で、過去分詞のhaveとhadがどうしてこのような違いになるのか、なぜそうなるのか、そういった文法を一つ一つ理解して体系的に学ぶのが英語の学習で大切な部分です。

ただ、そういった文法は、言葉では理解できても、自分のものにすることは難しいです。つまり、日本語の説明文を読んで理解できているつもりになっていても、実は理解できておらず、次に同じ文法の文章が出てきたときに、応用することができなかったりします。

そんな時に活用できる方法なのが、この「丸暗記」という方法です。そんな文章を、

文法は理解できた(インプットできた)

その文法を使える(アウトプットできる)

という一連の学習経験となるので、深く記憶に残ります

このように練習すれば、習った文法を忘れにくく、脳に保存することができるので、着実で安定した勉強法となります。一度勉強した文法は、ほとんどの場合改めて復習せずに次に進むことができるので、面倒くさがらずに実践していきましょう。

2.単語を徹底的に覚える

2.単語を徹底的に覚える

英語を学ぶ上で大切な要素の一つが、語彙力です。リーディングやリスニングをするうえで、わからない単語が出てきたら、一気に混乱すると思います。対策としては、英単語をしっかり覚えるのですが、覚えれば覚えるほど果てしない量に絶望した経験がある人は多いのではないでしょうか?

語彙力を向上するためにアドバイスするのであれば、「語彙力は必ず長期戦で計画を立てること」です。「継続は力なり」という言葉があるように、継続すれば力になるのがこの語彙力です。

TOEICで900点を取るために必要な単語数は「約1万語」といわれています。途方に暮れてしまうような数ですよ。しかし、「一日10単語」という目標を決め、継続していくといった計画は、できる気がしませんか?

今回は初心者で短期学習に力を入れたい人向けの記事なので、覚えれる単語をを目安にしてできる範囲で目標を立ててみてください。

3.リスニング

3.リスニング

リスニングは、イヤホンを使って英語を聞いて、聞いた英語をそのまま発声するという学習方法です。これは、英語をそのまま発声する上で、文法や意味などを即座に理解して行うので、頭の英語に対する処理能力がぐんと上がる、練習方法のひとつです。

また、音声を聞いた直後にその音と近い音を出す練習を繰り返すことで、英語の発音も格段に違ってきます。

これは英語の学習法の中ではとても難易度の高いの勉強方法であると思います。10分でもこの学習法を試したら、初めての人は頭が疲れるかもしれません。しかし慣れもあり、これができるようになれば、英語力はたちまち伸びていきます。

初めての方は、音声と同時に発音する必要はないです。一文聞き、思い出せそうな範囲内で一時停止し、発声してみてください。そして「止めて、発声する」これを繰り返せば、徐々に慣れていくと思います。

とても難易度の高い練習法となっているので、焦らずに楽しくやっていくのがいいと思います。

4.外国人と話す機会を作る

4.外国人と話す機会を作る

過酷な英語特訓で息抜きをしたいなと思った方は、外国人と話す機会を作ってモチベーションをアップしていきましょう。

以下に英会話を行うきっかけとなる場面を紹介するので是非参考にしてみてください。

英会話カフェ

英会話カフェ

一番リスクのない安全な方法として、英会話カフェもおすすめです。手軽にネイティブスピーカー相手に英語が話せるので、モチベーションが上がります。

Facebookなどで交流

Facebookなどで交流

チャットでの交流ですが、だれでも気軽にFacebookの国際的グループに入れて、同じ趣味を持つ人、共通点のある人と交流することができます。

友達の紹介

友達の紹介

友達に外国人の知り合いが多い人に、一度紹介してもらい、一緒に遊んだりするのも、モチベーションが上がります

Meetup.com

Meetup.com

これはスマホのアプリで、共通点を持った人たちが集まって交流できるアプリです。東京ではMeetupグループが300個以上もあり、国際的なグループも多いのでおすすめです。

最後に

最後に

ここに挙げた勉強法は、頭をフル回転させる勉強法ばかりです。脳をたくさん使って疲れてしまうことが必ずあると思います。たくさん詰め込みすぎて挫折をしないように計画をしていってください。

英語に集中できる期間が短期であるからこそ、頑張れることがあります。モチベーションを保ちつつしっかりと取り組んでいくようにしましょう。

TOPページを見る
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る