英語教材『encube(インキューブ)』は安心?ネットの評判や金額から紐解く

英語教材『encube(インキューブ)』は安心?ネットの評判や金額から紐解く

encube(インキューブ)は、画期的な方法で英語が身につくと、ネットで評判になっている教材です。今までいくつもの英語教材を受けた人の多くが、「これを使ってやっと話せるようになった」と話も少なからずあります。

しかしそのような話を聞いて、怪しいと思う人もいるでしょう。詐欺業者の巧妙な罠ではないか、と感じている人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、encube(インキューブ)のレッスン内容や金額、実際の評価から、この英語教材が安心できるものであることを証明しています。encube(インキューブ)に興味があるけど踏ん切りがつかない人はもちろん、encube(インキューブ)の名前を初めて聞いた人にも向いた内容となっているので、相性の良い英語教材を選ぶときの参考材料としてください。

encubeの公式HPへ

encube(インキューブ)のレッスン内容

encube(インキューブ)のレッスン内容

最初にencube(インキューブ)のレッスン内容について見ていきます。

レッスンの流れ

レッスンの流れは次のとおりです。

①Day1~5:動画「ネイティブ英会話マスター」を視聴

②Day6:動画「Live English」を視聴

③Day7:動画「なりきりスピーキング」を視聴

encube(インキューブ)では、この①から③を1サイクルとし、3ヶ月継続すればネイティブと同等のレベルになるとしています。なお、動画の長さは1回約5分です。では、それぞれについて詳しく解説しましょう。

①動画「ネイティブ英会話マスター」を視聴

「ネイティブ英会話マスター」は、1サイクルの中で使う英会話フレーズを学ぶ動画です。「名前は何ですか」「お住まいはどちらですか」など、日常英会話でよく使われる、簡単かつシンプルなフレーズが使われます。

この動画の特徴は3つあります。

第一に、encube(インキューブ)の講師であるイムラン・スィディキ講師が開発した《イムラン式ロジカルリスニング学習法》で学ぶこと。具体的には、各フレーズに添えられた【リアル発音記号】と呼ばれる発音記号を元に、アウトプットのトレーニングをしていきます。【リアル発音記号】とは、実際にネイティブがそのフレーズを発音したときに聞こえる音を、わかりやすく記号化したものです。

例えば、「What do you do for a living?(お仕事は何をされていますか?)」というフレーズでは、「waRuyuduw fra livin’?」という【リアル発音記号】があてられます。この記号を念頭に置きながら、動画内で発音を学ぶことで、加速的にネイティブに近づくことができる、というわけです。

第二に、この動画のみ朝と夕方の2回配信され、夕方の動画は朝の動画の応用編になっていることです。これは、脳科学者が推薦する「段階的記憶理論」を応用した、《2ウェーブ自動反復システム》と呼ばれるもの。このシステムの採用によって、その日に習ったフレーズを確実に覚えつつ、よりバラエティに富んだ英語表現を身につけることが可能になっています。

第三に、教えてくれるフレーズが、質問と回答のセットになっていることです。こちらから聞くだけでなく、相手から聞かれたときにどう答えていいかも勉強でき、ネイティブと“対話できる”スキルを磨くことができます。

②動画「Live English」を視聴

「Live English」は、「ネイティブ英会話マスター」で習ったフレーズが、実際の会話でどのように使われるのかを体験できる動画です。encube(インキューブ)の講師であるシモン・オオゴ講師ぷりん亭芽りん講師が、質問役と回答役に分かれ、実演してくれます。これによって、具体的な受け答えの仕方だけでなく、スピード感など会話ならではの感覚を掴めるようになっています。

③動画「なりきりスピーキング」を視聴

「なりきりスピーキング」では、「Live English」でシモン講師とメリン講師が実演した会話を、今度はこちらとイムラン先生の1対1で行う動画です。実際にリアルで会話をするわけではなく、イムラン先生が質問されたことを前提に回答したり、回答していることを前提に質問をする動画を見ながら、必要なフレーズをアウトプットしていきます。encube(インキューブ)では、これを《バーチャル・スピーキング》と呼んでいます。

リアルに会話をしていないので、「どうなの?」と思われるかもしれませんが、《バーチャル・スピーキング》には“間違えても誰も何も思わない”というメリットがあります。つまり堂々と、まさにネイティブになりきっているようにスピーキングのトレーニングができるのです。この動画では、発音のスキルを磨けるのはもちろん、アウトプットにおいて一番大事なメンタル面を鍛えることができる、と言えるでしょう。

encube(インキューブ)で英語が話せるようになる他の理由

encube(インキューブ)には、上述したように3種類の各動画に、さまざまな工夫がこらされています。そのため、約5分という短い動画ながら、3ヶ月もすればネイティブと同じように話せるというわけです。これ以外にも、下記のような理由があります。

中学生レベルの英語でOK

encube(インキューブ)では、《4段階スモールステップ》というカリキュラムを採用し、中学レベルの英語でもついていけるように作られています。具体的なレベル設定は、次のとおりです。

Level01:質問できる

Level02:答えられる

Level03:やりとりできる

Level04:説明できる

そのため基本的には、ほとんど英単語を覚える必要はありません。「ネイティブ英会話マスター」の動画では、他にも使える単語としていくつか紹介してくれますが、どれもすでに習ったようなものばかりです。どちらかと言えば、習ったものを思い出す作業に近いと言えます。

動画内にアウトプットする時間が組み込まれている

私たち日本人は、これまでアウトプットをしっかり学んできませんでした。そのため、ネイティブに伝わるアウトプットをするためには、繰り返しトレーニングをすることが重要です。しかし、反復練習を自発的にするのは、慣れていないのもあって難しい人もいるでしょう。

encube(インキューブ)では、約5分と短い動画ながら、かなりの比率でアウトプットさせる時間が設けられています。動画を繰り返し再生すれば、反復練習ができるようになっているのも、上達に繋がる大きな理由のひとつです。特にこれは、勉強が続かない人に効果てきめんということが、口コミから判明しています。

encubeの公式HPへ

encube(インキューブ)の価格

encube(インキューブ)の価格

encube(インキューブ)では、現在お試しトライアルプランが用意されています。

《お試しトライアルプラン》

内容…最初の2週が無料、3週目以降は、月額5,780円

条件…4ヶ月継続(4ヶ月目以降は、いつでも解約が可能)

encube(インキューブ)の価格はお得か

encube(インキューブ)と、比較的安価と言われるオンライン英会話を比べてみます。まずは、encube(インキューブ)とオンライン英会話の、月額料金の比較をご覧ください。

《月額料金》

encube(インキューブ)…5,780円

オンライン英会話…平均5,000円

一見すると、オンライン英会話のほうが安いように見えます。しかしほとんどの教室で、レッスン回数が月最大10回や平日のみなど、制限があります。では、次に1回あたりのレッスン料金を出してみます。

《1回あたりのレッスン料金》

encube(インキューブ)…193円(5,780円/30日間)

オンライン英会話…平均500円(5,000円/10日間)

以上の結果から、いかにencube(インキューブ)が安いかがわかるでしょう。

ちなみに、オンライン英会話の中には、encube(インキューブ)と同じように毎日レッスンができるものもあります。しかしその場合は月額料金が高いなどで、結局encube(インキューブ)のほうがお得であることが、ほとんどでした。

encubeの公式HPへ

encube(インキューブ)の特典

encube(インキューブ)の特典

encube(インキューブ)には、入会前・入会後の特典はありません。ただこれに関しては、「これだけ安いからいい」「いらない特典を付けて高額になっている教材を選ぶくらいなら、断然encube(インキューブ)を選ぶ」「安いのが何よりの特典」と、納得の声が多くあります。見方を変えれば、この特典がないという潔さがあるために、「詐欺だ」「胡散臭い」といった声があまり聞かれないとも言えます。

encubeの公式HPへ

encube(インキューブ)の講師について

encube(インキューブ)の講師について

encube(インキューブ)では、イムラン・スィディキ講師、シモン・オオゴ講師、ぷりん亭芽りん(メリン)講師の3人が指導をしてくれます。

イムラン・スィディキ講師

パキスタン人の父親・日本人の母親を持つハーフ。日本語と英語を自在に操りながら、わかりやすく英語を教えてくれることで、レッスン受講者から絶大な人気を得ている講師です。

英会話教室「コペル英会話」の校長、10万人のメンバーを超えるmixiの「英語一日一言」の主催者、『Yahoo!知恵袋』のチエリアンなどを兼任。『これだけ言えれば会話が続く! 英語表現100』『英語は一日一言覚えれば話せます』など多数の書籍も執筆するなど、幅広く活動していらっしゃいます。

シモン・オオゴ講師

熱い指導とわかりやすい発音が持ち味の、「コペル英会話」の主任講師。ご自身のYouTubeチャンネル「POWER英会話 シモン」の登録者数は約4,000人、外部向けセミナーで指導してきた人数は1,000人以上と、多くの受講者から信頼を獲得しています。

ぷりん亭芽りん(メリン)講師

小学校3年生から英語落語の活動を始め、数々の大会で好成績を収めてきた講師。これまでの経験を活かし、英会話において重要な表現方法を、encube(インキューブ)でも丁寧に教えてくれます。

encubeの公式HPへ

encube(インキューブ)の運営会社について

encube(インキューブ)の運営会社について

encube(インキューブ)の運営会社は、株式会社Soysauceです。公式サイトの会社概要によれば、設立は平成30年6月6日。本社所在地は東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ8Fです。

聞いたことのない会社かもしれませんが、同じ代表者・所在地である株式会社INKの子会社では、さまざまなメディアに取り上げられる「金剛筋シャツ」を発売しています。そのため、株式会社Soysauceも、それだけクオリティの高い商品を作れる会社であることは想像に難くないでしょう。少なくとも、胡散臭い、怪しいと疑う必要はないと言えます。

encubeの公式HPへ

encube(インキューブ)の口コミ

encube(インキューブ)の口コミ

encube(インキューブ)のレッスン内容、価格、講師などについて見てきました。では、これらに対する受講者の感想や印象を一緒に確認しましょう。

すぐにネイティブっぽい発音ができた

リアル発音記号を使って練習する、と聞いたときに、英会話ができるのかどうか半信半疑でしたね。でも動画内で丁寧に発音の仕方を教えてくれたので、英語の発音が全くなっていなかった私でも、すぐにネイティブっぽい発音ができるようになったんです。リアル発音記号は、英会話をマスターするための最短方法ですね。

イムラン先生の熱い言葉に押された

公式サイトのイムラン先生の動画を見て、やろうと思いました。「人間が話すときに覚えてから話すなんてこと、ないですよね」と言われて納得したからです。今まで自分が話せなかったのは、アウトプットが原因だったからなんだと気づかせてくれたんですね。

料金が安いのは安心する

料金が安いのがよかったですね。他の教材だと約20万円くらいするんですが、これはその10分の1くらいで済みます。それでいて「安かろう悪かろう」ではないので、素晴らしい教材だなと思いました。

1人で海外旅行ができた

これまでガイドを付けたり、英語が話せる友人と海外に一緒に行っていたんですけど、encube(インキューブ)のおかげで1人で行くことができました。誰かと行くのも楽しいですが、1人で気兼ねなくいろんなところを回ったり、食事を楽しんだりするのもいいですね。これからどんどん海外に行く機会が増えそうです!

encubeの公式HPへ

まとめ

まとめ

ありそうでなかった方法で、英会話の指導をしてくれるencube(インキューブ)。【リアル発音記号】は、本当に伝わるのか怪しいと見られがちですが、そのような人でも実際に習って、実践してみると面白いほど伝わったと感動しています。

いまいちピンと来ない人は、YouTubeで【リアル発音記号】がどのようなものかがわかる動画があるので、encube(インキューブ)と検索して見てみてください。「なるほど!」と思えたなら、この英語教材の始めどきと言えるでしょう。

encubeの公式HPへ TOPページを見る
英語教材の関連記事一覧
英語教材の記事をもっと見る TOPページを見る