「英語が嫌い」苦手意識を克服して嫌いから好きに簡単変化!

「英語が嫌い」苦手意識を克服して嫌いから好きに簡単変化!

多くの人が苦手とする英語。

学校や仕事で必要だから仕方なく英語を勉強するという人がほとんどです。

今も昔も日本人の2人に1人、日本人口の約半数もの人が「英語が苦手、嫌い」と思っているんです。

人間というのは苦手なものには自然と嫌悪感を抱いてしまうもの、嫌いな英語からはどんどんと距離をおいてしまうのが多くの日本人の現状。

しかし、国際化の進む現代では無視してはいけないのが英語…。

でも嫌いな英語は勉強が捗らない。

どうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

「英語を好きになる」

ただそれだけ。

とは言ってもそんな簡単に好きになれるならだれも苦労はしませんよね。

どうすれば英語を好きになれるのか、英語が苦手なその理由と共に考えていきたいと思います

英語を嫌いになった理由

英語を嫌いになった理由

そもそもなぜ英語が嫌いになったのか、その理由は【日本語との違いが多い】からだと思います。

文法も違いますし、発音方法も全く違います。

日本語には馴染みのない冠詞というものも登場します。

日本語に馴染みがない事によって英語は一気に「暗記科目」に変化してしまいます。

これが日本人の英語離れの理由の一つ。

暗記作業に終始していれば英語に興味を持つ暇すらありません。

大人になるほど“暗記”は向かない

小さい子であれば「良い事」「悪い事」「正しい事」「間違った事」と教える事でそれを記憶していく事も比較的容易にできるのですが、大人になればなるほどそこに「なぜそうなるのか?」という【納得のいく理由】が必要になってきます。

そこに「文法がこうだから」とか「こういうルールがあるから」と一方的な理屈だけで英語が【暗記科目】になってしまうとそれは苦痛でしかなくなってしまいます。

まずは【暗記科目】から脱却させる事が英語上達の第1歩と言えます。

その嫌いの原因は日本の英語教育の方針?

まず初めに英語に触れるのは学校での教育。

つまりテストで良い点を取るための英語教育となってきます。

正しい文法や話し方を学ばせるという方針がある為に「間違ってはいけない」という緊張感から英語を積極的に喋ろうとする事が出来なくなってしまいます。

しかし普段の日本語の会話ってそんな恐る恐る会話していませんよね?

そもそも会話をする時に「間違ったらどうしよう」なんて考えてる人はいないと思います。

それが英語になると途端に「間違えてはいけない」となっては積極的に英語を話せなくなってしまうのは無理もない話しです。

「英語嫌いあるある」英語嫌いな人に見る共通点

「英語嫌いあるある」英語嫌いな人に見る共通点

英語嫌いな人にはある共通点が統計として表れています。

そんな共通点を見る事で英語を好きになる方法を見いだせるかもしれません。

日本語以外に嫌悪感

英語が嫌いな人ってそもそも日本語以外の外国語全般がダメな人が多いんです。

・フランス語は好きだけど英語が嫌い

・中国語は好きだけど英語が嫌い

そんな人に出会ったことがある人はいないと思います。

やはり日本語と異なっているという事が英語を嫌いにしている要因として大きいものだと言えます。

英語なんて人生に必要ないと言い張っている

これを言ったら元も子もない話しなのですが…。

英語嫌いな人がよく言うセリフです。

英語に限らず、数学嫌いの人が「足し算引き算が出来れば生活に困らない」っていうのと同じですね。

もちろん難解な数学を必要とされる場面に出くわす事はなかなかありませんが、今の日本では英語とまったく関わらずに生きていくのは難しいのが現状です。

英語圏の人に劣等感を感じている

英語が喋られない事で無意識のうちに英語圏の人に劣等感を抱いている人も少なくありません。

外国人が近づいてきたら怖くなって逃げてしまう人だとか、英語で話しかけられたら無条件に「ソーリー、ソーリー。」と言って会話を拒絶してしまったり、と。

そうしてどんどん英語から遠ざかってしまう事で余計に英語に対する苦手意識が深まり悪循環となっていくのです。

「英語が嫌いすぎる!」と嘆く前に

「英語が嫌いすぎる!」と嘆く前に

やはり英語を学ぶときの大きな障害となっているの【苦手意識】ですね。

では英語上達にはその【苦手意識】を排除するのが近道という事です。

英語が嫌いだと嘆くその前に、どうすれば英語が好きになれるかという事を考えてみればその苦手意識を簡単に無くすことが出来るかもしれません。

好きな事で英語の苦手意識を失くす

大人になってから英語を学ぼうとしても「一から文法を学んで…」というやり方は効率的とはいえません。

実際に中学生が習うような英語を一から学びなおすにしてもどこからやり直せばいいかもわからずに結局手付かずになってしまうという事も少なくありません。

そこで、まずは【好きなものに英語を取り入れる事】を考えてみると英語上達の大きな近道になります。

その具体的な方法としては

・好きな映画を英語字幕で見てみる。

・好きな漫画のバイリンガル版を購入してみる

・好きなアニメの英語版を字幕付きで見てみる

など、自分の好きなものや興味のある事にちょっと英語を足してみれば良いんです。

きっかけが出来ればそこから本格的な英語を学ぶ事に対しての苦手意識もなくなるかもしれません。

まずは無理をせず「好きな事から始める」英語に限らず何かを始める時には重要な事かもしれませんね。

日常に英語を取り入れる

今まで日本語の中だけで生きてきたからこそ英語に対して無条件に嫌悪感を持ってしまうのは仕方ありません。

では【日常に英語を取り入れてみる事】で英語に対しての苦手意識が薄れていくかもしれません。

まずは何かの作業中に英語のラジオを流してみるとか、そんな事でも良いと思います。

普段の日常に英語を取り入れる事で英語への嫌悪感、苦手意識を失くし、普段から英語に触れる事で英語が【嫌い】から【好き】に変わるきっかけになるかもしれません。

英語が得意な人の特徴

英語が得意な人の特徴

まず英語が得意な人の最大の特徴は「英語が好き」という事です。

こう言うと「英語が話せるから好きなんだ」と思われるかもしれませんが、それは違います。

「英語が好きだから話せるようになった」と言って違いはありません。

実際に英語が好きな人の言葉

「英語が好きだったから英語を中心にした人生の選択をしてきた」

「英語が好きすぎて学びたくて仕方ない、そう思えたら自然と英語が上達してきた」

やはり好きこそものの上手なれ。

好きな事には学ぶ意欲が湧くんですね。

そんな英語好きの方の英語学習時における3つの有効な方法があります。

・単語を覚えたり、文法を理解出来た時の少しの進歩を大げさに喜ぶという事。

・英語が出来るようになった自分が何をするのかを想像するという事。

・英語が出来る人に対して強いあこがれを持ってみるという事。

このように自分の脳をコントロールする事で少しずつ英語が【好き】になってくるというのです。

短期間でも英語を集中的に学ぶ時期があれば、基礎を確立し英語に対する感覚が強くなる

好きになるキッカケが作れたら一度集中的に英語を勉強する期間を設けるというのも有効な手です

少しずつの勉強量でだらだらと、漠然とした目標だけを抱え続けてしまうと、いつまでも目標に達成しないという気持ちが強くなって英語学習が嫌になってしまいます。

なので、まずはある程度の基礎を確立する為に短期間でも集中して英語を勉強する期間を作る事でその後の英語の学習も吸収がよくなり、英語に対しての苦手意識も強く抱かなくなるようになります

英語が嫌いな理由を明確にして英語を好きになる

英語が嫌いな理由を明確にして英語を好きになる

自分がどういう理由で英語が嫌いになったのかと明確にすれば、英語を好きになる事は実は容易な事なのです

もちろんなんの努力もなしに英語を身につける事は出来ませんが、好きな事に英語を取り入れる事で努力する事がただの苦痛から前向きな気持ちになればしめたものです

自分に合った英語勉強法を見つけてしまえば英語は恐れるものでは無くなるので、色々な英語学習法を調べてみるのも英語上達への第一歩となるかもしれませんね。

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る