英語勉強に最適◎3日坊主はディズニー映画で学ぶべし!

英語勉強に最適◎3日坊主はディズニー映画で学ぶべし!

「英語を話せるようになりたい!」「英語を勉強したい」と思っていても、なかなか重い腰が上がらない人も多いのではないでしょうか?

またこれまでいろいろな英語の勉強法を試したけれど、結局続かなかったという方も少なくないと思います。

英語の勉強に限らず、何事も物事に継続して取り組むには、やはり楽しんでやることが1番です。

今回は楽しく、継続して英語の勉強に取り組むための必須アイテム!「ディズニー映画」を活用した勉強方法についてお伝えします。

ディズニー映画が英語学習に適している5つの理由

ディズニー映画が英語学習に適している5つの理由

最初に、なぜディズニー映画が英語学習に適しているのか、理由をお話します。

楽しく英語を勉強できる

「楽しみながら英語を勉強できること」これがディズニー映画を用いた英語学習をオススメする最大の理由です。

英語力を高めるために1番必要なことは「英語の勉強を継続すること」です。しかし、語学力はなかなか短期間では身につかず、語学の学習において継続することが最も難しいと言っても過言ではないと思います。机に向かってテキストや単語帳とにらめっこしながらの勉強が続かない方は、きっと少なくないですよね。

ディズニー映画を観て、ストーリーを楽しみながらの勉強であれば、自然に英語に触れる中で少しずつ自分のレベルアップを感じることができるでしょう。

使われてる英語表現には簡単なものが多い

ディズニー映画には子供でも楽しめるように簡単な英語が使用されています。文法表現としては英語圏の中学生が学ぶレベルです。

話は変わりますが、みなさんは日本語を習得したいと思っている外国人に日本の映画を勧めるとき、どんな映画を選びますか?難解な医療用語が出てくるものや、任侠映画、日本の歴史映画なんかは外国人には難しいだろうなと思いますよね。

逆の立場になったときに、よくオススメされる作品がディズニー映画なのです。それくらい非ネイティブでも理解しやすい英語が使われているので、英語教材として最適と言うことができます。

聞き取りやすい英語が使われている

ディズニー映画は、実写映画と違って映像に合わせて、プロの声優さんがセリフを読んでいます。そのため、流れてくる英語に癖やなまりがなく、スピードも比較的ゆっくりなので、初心者でも聞き取りやすいのが特徴です。単語もオーソドックスで、日常会話などでも活用しやすいものが多く使われています。

また、ほかの洋画の場合はスラング的な汚い言葉なども使用されますが、ディズニー映画は子供向けなので、きれいで実用的な言葉が選ばれているのも学習に向いているポイントのひとつ。特に身分の高い王子様やプリンセスのようなキャラクターが使う言葉は、非常に丁寧な表現が多いので英語表現として参考にできます。

集中力が保てるストーリの長さ

みなさんは、どのくらいの時間集中して勉強や仕事を続けることができますか?

「集中できるのは1時間ぐらいまで」いう方が多いのではないでしょうか?

ディズニー映画は60分程度、長くても90分までのモノが多くあります。通常の洋画は2時間前後のものが多いですが、2時間も集中するのは容易ではなく、集中力のない状態で勉強しても英語力は身につきません。

集中力の持つ、程よい長さのディズニームービーで効率よく英語を学びましょう。

セリフが多い

ディズニー映画は、アクションシーンなどが少ないのも特徴のひとつです。

アクションシーンの多い映画だとそもそも会話が少なく、実用的な英語表現があまり登場しない事もしばしばあります。ですが、ディズニー映画の場合はストーリー自体がセリフの密度が濃くなるように構成されているので、たとえ上映時間が短くても、しっかり英語学習ができるのです。

英語学習に最適なディズニー映画の選び方

英語学習に最適なディズニー映画の選び方

ディズニー映画は、英語勉強に適した要素が詰まっています。特に、勉強が続かない……という人は、ぜひ検討してみてください。

ですが、ディズニー映画は、ご存知のようにたくさんあります。そこで次に、英語勉強に最適なディズニー映画を選ぶ方法を3つご紹介しましょう。

ストーリーを知っているものを選ぶ

いきなり話を知らない映画を英語で見て理解するのは、容易ではありません。話が理解できずに、ぼーっとして集中できなかったり、ストーリがつまらなく感じてしまうようでは、ディズニー映画で学習するメリットが半減してしまいます。少なくとも1度は日本語で観たことがあって、ストーリーを知っているものを教材として選ぶようにしましょう。

自分が好きなストーリーを選ぶ

「勉強にはこれがいいと言われているから」「このストーリーで使われている英語は実際に役立ちそうだから」という理由で、教材にする映画を選ぶのもひとつの方法です。

しかし、「楽しく英語を学び、学習を継続すること」がディズニー映画を用いる1番の理由ですので、ここでもやっぱり楽しむことを最優先していただきたいと思います。何事も、「好きこそものの上手なれ」です。自分のお気に入りのストーリーやキャラクターたちと楽しく英語を学びましょう。

「短編集」を活用する

ディズニーには『ディズニー・ショートフィルム・コレクション』という番外編や昔の映画を集めた短編集があります。こちらは1ストーリー10分程度なので、仕事などで、時間がなく、忙しい社会人の方が楽しく英語を学ぶにもぴったりです。

『ディズニー・ショートフィルム・コレクション』
amazonで見る

実際にディズニー映画で英語を勉強する方法

実際にディズニー映画で英語を勉強する方法

もちろんただただディズニー映画を楽しんで見てるだけでは英語は身につきません。では実際にどのように英語学習の教材としてディズニー映画を活用するのか、その方法をご紹介します。

ステップ①「日本語字幕」で映画を見る

これは日本語吹き替え版でもOKです。まずは映画を見てその映画がどういうストーリーなのか、把握するところから始めましょう

ステップ②「英語字幕・英語音声」で映画を見る

その映画のストーリーを把握していればここから始めてOKです。耳で英語の音声を聴きながら、目で英語字幕を見て、できるかぎりその言葉を理解しようとしてみてください。

ポイントは、自分の覚えている日本語の会話と照らし合わせて進めること。また、わからない英単語などが出てきたときはチェックしておくといいでしょう。

ステップ③「英語字幕」を和訳してみる

何度か繰り返し見てみてわからなかった文章、単語などはメモしておいて、その英語をインターネットでディズニー映画の「英語字幕」などで検索し探してみましょう。また、わからなかった英語を自分で調べて訳してみることが大切です。

ステップ④「英語音声」だけで映画を見る

ここはちょっと努力のいる工程です。英語がしっかり聞き取れるまで、そのディズニー映画を繰り返し見るようにします。最初は、字幕の代わりにネットで検索した字幕をメモ代わりに用意しておくのもいいでしょう。

ただ作品を楽しむだけでは英語の勉強にはなりません。ですが根気強くチャレンジすれば、ひとつのディズニー作品だけでもかなり実力が上がります。

【厳選】英語勉強にオススメのディズニームービー5作品!

【厳選】英語勉強にオススメのディズニームービー5作品!

「好きなストーリーがありすぎる!」「そう言われてもどれを選べばいいの?」と感じる方も多いと思います。そこで、「英語学習」という観点から見た場合のオススメのディズニー映画をご紹介します。

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル

ラプンツェルはリスニング力の向上を目指し、実際に使える英会話を学びたい方にオススメできる教材の1つです。ディズニー映画で英語を勉強することを考えていらっしゃる方にとって、もはや定番の作品かもしれません。

ラプンツェルをオススメする1番の理由は「リスニングがしやすいこと」です。発音が聞き取りやすく、話のスピードも早すぎないので、ディズニー映画で英語を勉強しようと考えている人がまず見るべき映画と言えるでしょう。単語も難しいものや分かりにくい単語は使われていないので、「はじめの1本」として観てみてはいかがでしょうか。

amazonで見る

アナと雪の女王

アナと雪の女王

言わずと知れた、近年の大人気ディズニー映画のアナ雪。こちらもラプンツェルと同様、リスニングしやすいクリアな発音で話されており、理解しやすい容易な英単語が使われています。

また、普段の会話でマネできそうな日常会話も作中に豊富に出てきますので、お気に入りのフレーズを見つけて丸暗記してみるのもいいでしょう。

amazonで見る

トイ・ストーリーシリーズ

トイ・ストーリーシリーズ

トイストーリーには、日常会話で使える表現が作中にたくさん使われています。また、ひとつひとつのセリフが短いので、聞き取りやすいのもオススメできるポイントです。

多くのキャラクターが登場しますが、聞き取りやすい話し方のキャラクター、やや聞き取りにくい話し方のキャラクターがいます。さまざまな話し方の英語に慣れるのにオススメです。

amazonで見る

美女と野獣

美女と野獣

エマ・ワトソン主演の実写版が話題になった美女と野獣も、英語勉強にオススメのディズニー映画のひとつです。

ミュージカル的な要素が強い作品なので、同じプリンセスシリーズのラプンツェルやアナ雪と比べるとリスニングの難易度がやや上がります。しかし、それでも一般的なミュージカルと比べると聞き取りやすい方だと言えるでしょう。少し慣れてきた方がチャレンジとして観てみるのにオススメできる作品です。

amazonで見る

モンスターズインク

モンスターズインク

モンスターズインクをオススメする理由は、なんといっても、実際にビジネスの場でも使える表現がたくさん出てくるからです。会社で使えるセリフはメモして覚えておくといいでしょう。

ビジネスシーンに近い場面が多く、オフィスで役立つセリフがたくさん出てくる反面、初心者には表現がやや難しいというデメリットがあります。いくつかの作品を観て、慣れてきたなと感じた方がチャレンジとして観てみるのにオススメです。

amazonで見る

映画だけじゃない。ディズニーの英語勉強に最適な本はコレ!

映画だけじゃない。ディズニーの英語勉強に最適な本はコレ!

ここまでディズニー映画を利用した勉強方法をご紹介しましたが、実はディズニーの本で学習するのも有効です。

オススメは「ディズニーの英語シリーズ」。こちらは【絵】【字幕】によってディズニー映画の内容を忠実に再現しています。

なぜ勉強に適しているのかと言うと、もちろん映画と同じで、丁寧な英語がしっかり学べるから。それに加えて、各ページに「語注」がついていて、より深く理解できるからです。また、CDが付いているのでリスニングの勉強もできます。

いろんな作品の本が出版されていますので、まずは自分の好きな作品の本を1冊、買ってみてはいかがでしょうか。

ディズニー主題歌で英語を勉強する

ディズニー主題歌で英語を勉強する

ディズニー映画の主題歌で学ぶのも、ひとつの方法です。文法としては無理やりな部分もあるかもしれませんが、英語の発音感覚を知る上で歌というのは非常に有効です。全て口ずさめるようにしてみるだけでも発音力がぐっと上がるでしょう。

ディズニー主題歌は一流の作曲家によって作られているので、ふとしたときに口ずさんでしまうものが多くあります。

大ヒットしたアナ雪のテーマもそのひとつですよね。気づいたら発音がうまくなっている、それが主題歌を使った学習の何よりのポイントです。

TV番組でも最も英語学習に適しているのは「ディズニーチャンネル」

TV番組でも最も英語学習に適しているのは「ディズニーチャンネル」

英語上級者の方であればニュース放送のCNN、ドラマ好きにはFOXなどのチャンネルもオススメなのですが、英語初心者、中級者の方にはディズニーチャンネルをオススメします。ディズニーのキャラクターは親しみやすいものが多いので楽しく視聴できますし、何より入り口としてのハードルの低いからです。

また、子供向けに制作された番組が多いので、同じフレーズが何度も使われることがよくあります。番組を見終わってからも、「なんかあのフレーズがずっと頭から離れない」となりやすく、記憶に自信がない人にはもってこいの勉強方法と言えるでしょう。

家族で英語学習を楽しみたいという場合にも、非常に重宝すると思います。

公式サイトへ

まとめ

まとめ

今回はディズニー映画を利用して、楽しく英語を勉強する方法をご紹介しました。「これならできそう!」「ちょっと試してみたい」と思った方も多いのではないでしょうか。

初めにお伝えしたとおり、語学学習は継続が何よりも重要です。継続するには、「勉強と思わずにできること」「楽しく取り組めること」が1番だと思います。

オススメの作品にとらわれず、ディズニー映画を利用して「楽しみ」ながら英語勉強に取り組んでみてください。

また、映像配信サービス「U-NEXT」では、170,000本以上の中から映画・アニメ・ドラマが見放題!31日間の無料トライアルもあるので、英語の勉強に役立ててみてはいかがでしょうか?

U-NEXTのHPへ

追記

追記

ディズニー映画を用いた英語の勉強では、主にリスニング力が向上しますが、そこから英会話力を身につけるには、やはり学んだ英語を実際に使う実践の場が必要です。

ただ「そんなことを言われても、外国人の友達もいないし、日常生活で英語を使用する機会なんてない!」という方もいるでしょう。

その場合は、英語を使うお仕事へのチャレンジをオススメします。学んだ英語を実際に使うことでスピーキング力も高めつつ、お金も稼げるので一石二鳥です。

英語を使うバイトの中で、オススメのものを知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る