AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)を使って英語の勉強?その方法とは

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)を使って英語の勉強?その方法とは

明石家さんまさんが、土産店でさまざまな国の人から接客される…そんなCMでおなじみのPOCKETALK。しかし英語学習にも使えることはあまり知られていません。英語のフレーズを多くをマスターしたいなら、POCKETALK以上の適役はいないでしょう

そう言われても、具体例がないと怪しく感じますよね。詐欺では?と思うかもしれません。

そこでPOCKETALKとその学習方法を具体的に紹介し、POCKETALKの汎用性の高さをお伝えします。

POCKETALKの公式HPへ

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)とは

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)とは

最初にPOCKETALKって何?という人のために、この機械そのものからご紹介しましょう。

POCKETALKは、AI機能が搭載された小型翻訳機です。インターネットに繋がっている状態でPOCKETALKに話しかけるだけで、あらゆる言語に翻訳できます

他のモバイル通信機器はインターネットを利用するために契約や通信料が必要です。しかし、POCKETALKは契約不要・通信料なし2年間使い放題ですし、その後も継続して利用することが可能です。

現在対応している言語はテキスト+音声で55言語テキストのみで20言語。なんと、実に合計75言語が、手のひらサイズの小さな端末に収録されているのです。起動も早く操作も簡単、これさえあれば英語や旅先の言葉がわからなくても安心して旅行を楽しめるでしょう。

POCKETALK(ポケトーク)の特徴

POCKETALKの特徴は人工知能を搭載している点です。AIを利用することで、これまでの翻訳機できなかったことを可能にしました。POCKETALKの特徴を具体例と共にご紹介します

さまざまなタイプの文章に対応

POCKETALKは、ニュースのような文語に近い長文もフランクな会話も瞬時に訳すことができます。人工知能の性能が日々更新されるため、対応できる言葉が増えています。他の翻訳アプリでは不自然な訳になるフレーズも、POCKETALKならネイティブ並みの自然な言葉に翻訳してくれるでしょう。

知らない間に性能アップ

POCKETALKは頻繁にアップデートが行われます。知らないうちに性能は向上、新機能も追加されることも。最新モデルは通貨計算現地時間の自動表示10,000件の翻訳履歴を参照・再生が可能になりました

バッテリーが長持ち

POCKETALKは、連続使用で4.5時間、待機状態では2日半使用することができますモデルによっては10日間充電が持つものもあります。スマホの翻訳アプリだと充電が気になり、なかなか頻繁に使えませんよね。

POCKETALKなら、頻繁にバッテリー残量を気にする必要もありません。長時間の会議やインタビューなどのビジネスや寝台列車などの長時間移動でも安心して使えるでしょう。

POCKETALK(ポケトーク)に対する評価

POCKETALKは世界中で人気を博しています。累計向上出荷台数世界1位を獲得、音声翻訳機の販売金額シェアは95.9%です。

2019年度グッドデザイン賞やおもてなしセレクション、家電批評BEST BUY ポケット翻訳機部門第1位に選ばれるなど数々の賞を受賞、カンブリア宮殿でも紹介されました。その他にも価格比較サイトでもおススメランキング上位を占めており、ネットでの評判も好評価が目立ちます。

POCKETALKの公式HPへ

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)を使った学習方法

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)を使った学習方法

POCKETALKの機能を応用すれば英語学習ツールにもなります。英語教材は高価なものもありますが、POCKETALKを使えば10分の1以下の価格で英語学習ができます。ここでは、POCKETALK単体の学習法とロゼッタストーンを利用した学習法の2つをご紹介します。

POCKETALK(ポケトーク)単体での学習方法

POCKETALKは辞書、例文集、発音練習、発音チェック、会話レッスンがオールインワン「翻訳→反復練習→発音確認」の3ステップで学習を進められます。時間や場所を選ばずすぐに英語学習を始められるでしょう。学習実践例を見てみましょう。

学習実践例

まず、覚えたいフレーズをPOCKETALKで翻訳しますその後フレーズを何度も聞き、声に出して反復練習します。POCKETALKに練習したフレーズを話し、正しく翻訳されるか確認して終了。これが一連の流れです。

POCKETALKは履歴が10,000件以上残せるので、復習したい時に簡単に呼び出すことができます。機種によってはAIとの英会話レッスン機能が搭載されているので、実践に近い英会話学習も可能です。

POCKETALK(ポケトーク)とロゼッタストーンを使って学習する方法

ロゼッタストーンはメディアも賞賛した、名実ともに語学教育界を代表する教材です。ロゼッタストーンはクラウド型教材「ロゼッタストーン・ライブラリー」も提供しています。

POCKETALKでは、ここにあるPOCKETALK専用プログラム「POCKETALK Link」を使って学習できます。「POCKETALK Link」を使えば、POCKETALK単体よりもっと簡単に学習を進められるでしょう。具体例をご紹介します。

学習実践例

POCKETALKと「POCKETALK Link」を同期すると、POCKETALKの翻訳履歴をそのまま教材に使うことができます。つまり学習法は「反復練習→音声確認」の2ステップになります。

ロゼッタストーンの発音判定機能も使えるようになるので、瞬時に発音の良し悪しがわかります。また、他に表示された文章をタッチするだけで辞書機能が立ち上がり、すぐに単語の意味も理解できます。これでわからない単語を都度POCKETALKで翻訳する手間が省けるでしょう。履歴にはないフレーズもテキスト入力で教材に追加できます。

POCKETALK(ポケトーク)学習の特徴

POCKETALK学習最大の特徴は覚えたいフレーズを集中的に学べることです。POCKETALKの特徴とPOCKETALKを使った学習法を踏まえ、POCKETALK学習の特徴をご説明します。

習得したい会話ジャンルが明確になる

ビジネス、日常会話、接客、問い合わせなど、英会話や言語学習と言ってもそのジャンルは多岐に渡ります。それに教本は基本文法や使われる英会話が網羅されているので、使いにくさを感じることもあるでしょう。

POCKETALKなら、学習のために翻訳する文章や翻訳履歴から、今、自分がどのジャンルを習得したいかが明確になるでしょう

複数の言語を同時に学習できる

POCKETALKは音声で55言語に対応し、「POCKETALK Link」は10言語に対応しています。ひとつの言語ではなく色々な言語での言い回しを学ぶことができます。学びたい言語のテキストを買いそろえることなく語学学習を進められるでしょう。

シチュエーションを選ばずに勉強できる

名刺サイズで持ち運びが便利なので、いつでもどこでも語学学習に取り組むことができます。大きなテキストを持ち歩くこともなく、学習時間を確保する手間も省けるでしょう。

POCKETALK(ポケトーク)学習のメリット

上述したPOCKETALK学習の特徴を踏まえ、POCKETALK学習の実生活に基づくメリットを見ていきましょう。

自分だけのオリジナル教材で勉強できる

TOEICなどの資格を取りたい方は英文法や英単語をある程度網羅しなければなりません。しかし、会話だけなら使うフレーズや覚えておきたいポイントは限定されていきます

そのフレーズをPOCKETALKで翻訳し、学びたい文章がPOCKETALKに蓄積すると、POCKETALKが学びたいことだけが詰まったオリジナルテキストになります。POCKETALKがあれば、もはや市販の英語教材がいらなくなるかもしれません。少なくとも、「使いかけのテキストが家にいくつもある」「もう部屋にテキストを置く余裕がない」という人には適しているでしょう。

複数言語でひとつのフレーズを学ぶことができる

ひとつの言語を極めるのではなく、複数の言語を同程度マスターできるようになりたい方もいるでしょう。POCKETALKであれば、ひとつのフレーズを複数の言語で翻訳してくれます

たとえばさまざまな国の「おはよう」「こんにちは」をまずは学びたいと思ったとき、テキストだと何冊も開いて見なければいけません。しかし、POCKETALKであれば簡単に横断的に学べます。

隙間時間で英語スキルがアップする

仕事や家事が忙しく、英語を勉強する時間を捻出できない方は多いはず。「時間がない」を理由に英語学習を躊躇してしまう方も多いでしょう。

POCKETALKは起動させれば、すぐに学習を始められます。5分あれば反復練習と発音確認ができるでしょう。隙間時間のコツコツを積み重ねていけば、生活スタイルを無理に変えなくてもスキルアップが見込めるはずです。

POCKETALKの公式HPへ

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)は2種類

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)は2種類

POCKETALKは、現在POCKETALK SPOCKETALK Wの2種類が販売されています。それぞれの製品をご紹介し、特徴や違いをご説明します。購入するならどちらが適しているか照らし合わせてみましょう。

POCKETALK S

POCKETALK Sハイエンドモデルです。注目すべきは新機能であるカメラ翻訳機能と軽さ。800万画素のカメラで撮影するだけで、文字を読み取り翻訳・発音できるようになりました。重量は75グラム、文庫本の半分の重さです。

連続待受時間は60時間、充電時間は105分です。カラーは全8色、そのうち2色は公式サイト限定カラーで、もう1色はドラえもんの姿を模したカラーリングです。

価格は29,800円。POCKETALK Sトーク専用SIM(2年契約)とケース、充電アダプタなどのアクセサリは別売りです。ドラえもんに出てくるほんやくこんにゃくのケースも売られています。カメラ翻訳機能を使ってみたい、多機能な方が良い方はPOCKETALK Sが良いでしょう。

POCKETALK W

POCKETALK Wネット販売限定のエントリーパックです。操作ガイドDVDや海外変換プラグ、アダプターのPOCKETALK W限定特典がついてきます。

カメラはついていませんが、翻訳機能や性能はPOCKETALK Sと同じです。重量はPOCKETALK Sより重い100グラム、パソコンのマウスと同じくらいの重さです。

連続待受時間は約240時間、充電時間は135分です。カラーは全5色、価格は19,800円です。機能より充電を重視されるなら、POCKETALK Wがおすすめです。

POCKETALKの公式HPへ

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)の会社について

AI通訳機POCKETALK(ポケトーク)の会社について

POCKETALKを販売している会社はソースネクスト株式会社です。世界中で人気を博しているEvernoteの日本販売も担当しています。

ソースネクスト株式会社は東証一部上場企業であり、ロゼッタストーン販売元のロゼッタストーン・ジャパンを始めとする子会社を国外・国内に持っています。

また、2012年に世界的企業のメッカであるアメリカのシリコンバレーにSOURCENEXT Inc.を設立しています。これまでの実績と会社規模を知れば、信頼できる企業とご理解頂けるでしょう。

POCKETALKの公式HPへ

POCKETALK(ポケトーク)学習の口コミ

POCKETALK(ポケトーク)学習の口コミ

POCKETALKは知る人ぞ知る学習法ですが、徐々に広がりつつあります。高評価な口コミが多く、確かな効果を感じることができた方も多いようです。今回はその中からいくつかの口コミをご紹介します。POCKETALK学習の効果を感じてみてください。

英語と韓国語が同時に勉強できる

趣味で英語と韓国を勉強しています。両方のテキストを始めることもなく、知りたいフレーズだけ勉強できるので重宝しています。何だかんだ1日一回は使うので、こんなにお世話になるなんて…と自分が一番驚いています。

マイナー言語も勉強できる

もともとは海外旅行用に購入しましたが、今は学習用に使っています。オリンピック・パラリンピックを控え、いろいろな国の方を彼らの母国語で手助けするために勉強中です。書店では教本すら見かけない国の言葉も勉強できるのが良いですね。

勉強の手間が省ける

学生時代にPOCKETALKと出会いたかったと心から思います。言い回しやスペル、発音が一度にすぐわかるので、勉強の効率が上がりました。発音確認ができるところも大変気に入っています。

POCKETALKの公式HPへ

まとめ

まとめ

もしPOCKETALKをお持ちなら、旅行先でしか使っていないのは宝の持ち腐れです。ぜひ、今から英語学習に活用しましょう。ロゼッタストーンの学習方法を利用すれば、時間と場所を気にせずいつでも英語学習を進めることができます。複数言語をマスターしたい方、英語教材にお金や時間をかけられない方は、POCKETALKを候補に入れてみてください。

POCKETALKの公式HPへ TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る