今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣

今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣

大人になってから英語を勉強したいと考えたときに、真っ先に考えるのが「本当に身につけられるのだろうか」でしょう。

結論から言えば、英語は大人になってからでも身につけることができます。そしてそのとき大事なのが、どうやって英語を学ぶかという勉強の方法です。

この記事では、大人が英語を勉強するときに忘れてはいけないことと、実際の方法5つをまとめてご紹介しています。特に何から手をつけたらいいのかわからない、学生時代本当に英語が苦手だった、という人に役立つ内容となっていますので、該当する人は最後までお読みいただければと思います。

大人が英語勉強するときに忘れてはいけないこと

今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣

英語の勉強をしたいと思った人に、最初に意識していただきたいことがあります。それは、目についた英会話教室や教材に闇雲に手を出さないこと。ネットでたまたま見つけたオンライン英会話にとりあえず入会する、本屋にあった良さげな英会話本をとりあえず買ってくるなどを、できたらしないようにしましょう。

フットワークが軽いことは素晴らしいのですが、このような形で始めた場合、だいたいの人が継続できずに途中で挫折してしまいます。なぜなら、①教材や教室が自分に合っていない、②学習に費やす時間が作れないという事態が発生しやすいからです。

もちろん、英語を勉強するときは、実績豊富な先生の著作を受けたり、英語教育に精通した講師の指導を受けるのが一般的です。この記事で紹介する英語学習方法も、そのほとんどが英会話教室や英会話本を利用したものになります。ですので、学習の努力や時間を無駄にしないために、まずはこれらの対策法をおさえておきましょう。

目標と自分の今のレベルを見極める

まず「①教材や教室が自分に合っていない」ことを避けるための対策です。これには、目標(ゴール)を明確に決める、自分の今のレベル(スタート)を把握するという2種類の方法があります。

目標(ゴール)を明確に決める

そもそも教材や教室が自分に合っていないのには、自分の目標とずれていることがあげられます。たとえば海外旅行で困らない程度の英語を身につけたいだけなのに、ハイレベルなTOEICの対策本で勉強するといった具合です。かっちりとしたビジネス英語を学びたいのに、日常英会話中心の英会話教室に入会するなどもあげられるでしょう。

こうした事態を避けるためには、自分の目標を明確にする必要があります。よくよく考えてみれば、英語を話したいというのは漠然としたものですよね。何をもって話せるようになっているのか、その答えは人によってそれぞれ違うはずです。

目標を明確にするときは、具体的なシチュエーションを思い浮かべるのがコツです。ネイティブと日常英会話ができるようになりたいでもいいのですが、同級生と野球の話がしたい、社会についての議論がしたいと深堀りすると、どんな教材を使えばいいか、どんな教室に通えばいいのかが見えやすくなります。もちろん、それ以外にもTOEICで〇〇点を取る、英検○級に合格する、英語に関する資格を取得するなどでもいいでしょう。いずれにしても、曖昧にしないことが条件です。

自分の今のレベル(スタート)を把握する方法

教材や教室が自分に合っていない理由には、もう1つ、自分の今のレベルに適していないことがあげられます。英語が苦手なのに、いきなりフリートークが必要なオンライン英会話に参加してしまう。本当はTOEICでハイスコアを取れる実力があるのに、自分の実力が信じられずに基礎中の基礎の教材を購入してしまうなどは、ありがちな失敗例でしょう。

そのような選択をしないためには、自分の今のレベルを把握することが何よりも大切です。基本的に、英語が苦手と感じている大人の人は、中学生レベルと思っていたほうが後々困りません。

ただ苦手だと思うけど少しはわかる部分もある、あるいは自分のレベルをより詳しく知りたいという人は、無料の実力診断テストを利用するのがおすすめです。NHK出版の英語力測定テストweblio語彙力診断テストアルクの英語レベル診断テストなどがあります。

話せるようになるまでの時間は人それぞれ

英語を勉強したいとなったときに、「どのくらいの時間、勉強したら話せるようになるのか?」という疑問がよくあがります。しかし、それは一概には言えません。

なぜなら、上記で見てきてわかるように、目指す目標や自分の今のレベルによって変わるからです。半年で目標に到達した人もいれば、1年後に満足のいく結果が得られた人もいます。3年かけて身につけた人もいます。

だからこそなのですが、英語の勉強をするときは、焦る気持ちをぐっとこらえるようにしてください。もし自分が立てた目標にすでに到達した人を見つけたとしても、比べないようにしましょう。自分は自分、人は人、という気持ちを持てば、勉強がつらいものにはならないはずです。

学習時間を確保する

「②学習に費やす時間が作れない」ときには、どのように対策したらいいのでしょうか。まずは自分が、1日の中で、勉強に打ち込めそうな時間がどのくらいあるのかを確認してみましょう。

仕事をしているのであれば、当然ながら勤務時間にはできません。それなら休憩時間はどうか、行き帰りの電車内ではどうかと考えてみます。家事や育児の時間が中心となっているなら、その合間に勉強できる時間はないか探してみてください。

もしそこで、30分とないのであれば、いわゆる一般的な英会話教室は難しいというのがわかります。逆に毎日ではないけれど、1週間に1度だけ確実に2時間程度確保できるのであれば、英会話教室を視野に入れてもいいということになるでしょう。

ただこうして考えていくと、人によっては「スキマ時間は多少あるにはあるけれど、長時間勉強に費やすのは無理……それでも英語って身につくの??」と不安を覚えるときがあると思います。1日10分くらいしか確保できないのであれば、たしかに心配ですよね。

英語の勉強で大切なのは、1日の勉強の長さではなく、定期的に英語に触れることです。私たちが日本語を話せるようになっているのも、毎日毎日日本語に触れているからでしょう。それは英語も同じで、ほんのわずかな時間だったとしても、発音したり、必要なフレーズを学ぶのを継続すれば、着実に英語のレベルは上がっていきます。ですのでどうか諦めずに、ほんのわずかでも、毎日学習できる時間を確保するようにしてください。

【大人向け】効果的な英語勉強方法5つ

今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣

では、いよいよ大人が英語勉強するときの、具体的な方法をご紹介しましょう。前提として、英語勉強ではインプットとアウトプットを並行するのが重要となります。レシピを覚えただけでは料理ができないのと同じように、英語も教科書を読んだり、英会話講師の言うことをただ聞くだけでは話せるようにはならないからです。

それを踏まえた上で、次のことをしていきましょう。

・発音の仕組みを身につける

・単語や文法を覚える

・自分の文章を考える

・フレーズを聴いて真似する

・英会話講師と会話する

以下、順に詳しく解説します。

①発音の仕組みを身につける

英語は、発音の仕組みの理解なくして身についたとは言えません。なぜならここをきちんと覚えておかないと、いくら表現が正しくても相手に伝わらないからです。

たとえば英語は、日本語と違って、フレーズのどこを強めに発音するのかといった強弱の付け方が重要視されます。また、たとえば「Thank you」は「サンキュー」、「Nice to meet you」の最後は「ミーチュー」と発音しますよね。このように、ひとつひとつの単語をきちんと発音する日本語と異なり、単語の音をつなげたり(リンキング)、単語の音を省略させたり(リダクション)するのも、英語の特徴としてあります。

これらを身につけるには、場数を踏むのが何よりも有効です。発音の練習に特化した本であれば、おおよそ網羅的に紹介されているので活用しましょう。次のような本が刊行されています。

今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣
amazonで見る
今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣
amazonで見る

また、ほかの記事でも、発音を勉強するのにおすすめな本をご紹介しています。あわせてご参考ください。

②単語や文法を覚える

英語が話せるようになるためには、単語や文法を覚えるのも大切なことです。語彙力があれば、自分の言いたいことを的確に言えるようになります。また文法は文を作るための型なので、覚えておけば、簡単にいろんな表現ができるようになります。

英語が苦手な人だと、どうしても単語や文法のインプットを敬遠されてしまうかもしれません。ですが、まずは中学生レベルで十分なので、次のような本を片手にじっくり取り組んでみましょう。

今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣
amazonで見る
今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣
amazonで見る

また、以下の記事では、英単語や英文法の効率的な学び方をご紹介しています。

③自分の文章を考える

単語や文法を覚えるときは、あわせて参考にした書籍に載っている例文を、自分のことに置き換えてみましょう。例文はあくまで例文のため、実生活ではなかなか使わないものあります(「私は中学3年生です」「私はかつてオリンピックの選手でした」など)。

そこで、こうした例文を自分の状況や経験に引きつけた文章にすれば、一気に身近なものになり、スムーズに覚えられます。また、「今日勉強した一文」として学習ノートにストックしておけば、そのまま実践で活用できる自分だけのフレーズ集にもなります。

④フレーズを聴いて真似する

シチュエーションに応じたフレーズを聴き、真似しながら発音する練習も大切です。単語や文法のトレーニングでは掴めない「会話の流れ」を、身体に染み込ませることができます。以下のような本が助け舟となるでしょう。

今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣
amazonで見る
今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣
amazonで見る
今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣
amazonで見る

この練習でのポイントは、英会話講師やネイティブによる正しい英語に触れながら勉強することです。海外のドラマや映画を字幕なしで見ながら練習する方法もありますが、スラングが出てきやすいので、英語が苦手な大人の方はできるかぎり教材から学びましょう。なお、映画で英語を学ぶときのメリットやデメリットは、以下の記事で詳しく解説しています。

最近では、本だけでなく、YouTubeでも英語を解説している人が増えています。どんな方が人気で、チャンネルにどういった特徴があるのかなどについては、こちらでまとめていますのでぜひご参考ください。

⑤英会話講師と会話する

ここまでご紹介してきた勉強方法をしっかり取り組めば、英語が苦手だった人でも格段にレベルが上がります。しかしあくまで独学なので、ある程度英語に慣れてきた段階で、英会話講師から指導を受けるのがベターと言えるでしょう。

最近では、現代人のライフスタイルの変化から、自宅にいながら指導が受けられるオンライン英会話が注目を集めています。比較的夜遅くまで開講している教室が多く(24時間開講しているところもある)、日中はどうしても時間が取れない人でも気軽に参加することが可能です。また1レッスンあたりの料金が、安いところだと数百円と、従来の英会話教室よりも手頃になのも魅力としてあげられます。

本サイトでは、以下のようにさまざまなオンライン英会話の特徴やコスパを調べているので、ご活用いただければと思います。

またオンラインのマンツーマン英会話の全体的な効果については、次の記事で詳しくご紹介していますので、よければこちらもお読みください。

まとめ

今からでも英語は話せる!大人向けの勉強方法5選と挫折しない秘訣

英語を勉強する上で一番大切なことは継続です。そのためには、「英語を身につけたい!」というモチベーションをいかに維持するかがポイントとなります。

今回いくつか勉強方法をご紹介しましたが、試してみていただいた上で、自分なりにやりやすい方法にアレンジするのもいいでしょう。当サイトのほかの記事でも、いろんな英語の学習方法をご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

英語が話せるようになり、今まで夢だと思っていたことが実現する。そんな大人の方がたくさん現れることを願っています。

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る