初心者におすすめ!洋楽で英語を勉強する為の方法とは

初心者におすすめ!洋楽で英語を勉強する為の方法とは

「楽しく英語を学ぶ方法はないかな?」

「英語話せるようになりたいけど、勉強に割く時間がなかなか作れない。」

そんな風に考えている人は少なくありません。

しかしそんな人にも最適な英語の学習法として“洋楽を聞く事”があります。

もちろんただ洋楽を聞いているだけで英語を話せるようにはなりませんが、効果的な方法をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい

英語勉強に洋楽を聞くその【効果】とは

英語勉強に洋楽を聞くその【効果】とは

洋楽が英語学習の教材になると言われてもいまいちピンと来ないかもしれませんよね。

しかし、そこにはしっかりとした理由があるんです。

”英語学習教材にはない使える英語が身につく”

日本で使われている英語学習の教材はやはり「学習者用の教材」として作られている為に、実際に英語を話せるようになる為の教材としては実は向いていない場合もあるんです。

しかし、洋楽には歌詞にも実際にネイティブとして使える英語が沢山詰まっています

そして、音楽の歌詞という限られたフレーズに巧みに作られた歌詞には文法表現としても非常に優れたものが多いので英語の勉強に幅広く対応していると言えます

洋楽を聞きながら英語勉強するとは

洋楽を聞きながら英語勉強するとは

もちろんただ洋楽を聞いているだけで英語が話せるようになるわけではありません。

しっかりとした勉強法を実践する事で大きな効果を得られるようになります。

それでは洋楽を聞きながら英語を勉強する方法とはどういうものがあるのでしょうか

和訳をせずに歌詞を覚える

洋楽を聞きながら英語の勉強を実践する上で一番有効的な方法として、和訳の歌詞と照らし合わせずに英語を英語のまま捉えるイメージを掴む事が重要です。

日本人はどうしても英語を和訳して意味を考えてしまう傾向にありますが、英語は英語そのもので意味をもっています。

和訳というのはどうしても無理やり日本語に変換しているものですので、英語を英語として捉える事というのが非常に重要になります。

歌いながら発音を覚える

洋楽のほとんどが歌手の国籍を問わずアメリカ英語の発音です。

日本の英語教育のベースはアメリカ英語となっているのでアメリカ英語の発音となっている洋楽は発音の練習としても最適の教材と言えます。

より効果的な練習としてはただ歌うだけじゃなく自分の歌を録音して発音の確認をする事でより大きな効果が得られると言えます

自分の歌を聞くのは恥ずかしいかもしれませんが…。

「F,V,TH,R」の4つの発音を意識的に聞く

発音を覚える時に意識してほしいのは「F,V,TH,R」の4つです。

なぜこの音なのかというと、これは日本語にはない発音だからです。

この4つの音を意識して発音する事でよりネイティブで実用的な発音を身につける事が出来るようになります。

とにかく反復し繰り返し歌う

上記の事を意識し歌詞を覚えて、発音にも意識が出来るようになったらそれを繰り返し歌うようにしましょう

何度も繰り返し反復して歌う事でその歌詞や発音が自分の中にしっかりと定着し、実際の会話の中で覚えた単語やフレーズが自然と口から出てきやすくなってきます。

覚えた歌詞が会話の中で自然と出てくるまで反復する事でより効果的な成果を得る事が出来ます

英語勉強の為におすすめの音楽・アーティストとは

英語勉強の為におすすめの音楽・アーティストとは

洋楽とは言ってもジャンルやアーティストは様々です。

何を聞けばいいのかわからないという人も多いと思いますので、英語勉強の為にオススメ出来る音楽ジャンルやアーティストを紹介したいと思います

英語勉強の為に聞く洋楽の音楽ジャンルとは

初心者におすすめなのはゆっくりとしたテンポのバラードがおすすめです。

慣れてきたら速いテンポの曲にもチャレンジしてみて下さい。

但しヒップホップなどのラップ音楽は独特なアクセントやスラングなどが多く使われるので、英語の学習としては不向きな点もありますのでその点は注意してください。

一般的なPOPSやROCKなどは歌詞も聞き取りやすいものが多いので以下に紹介するアーティストなどを参考に英語の勉強する為の楽曲選びの参考にしてみて下さい。

CARPENTERS(カーペンターズ)

アメリカ出身の兄弟デュオCARPENTERS

日本でもCARPENTERSの楽曲はよく耳にしますよね。

有名な楽曲としては「Top Of The World」「Close To You」など。

女性ボーカルのカレン・カーペンターの発音は非常にきれいで聞き取りやすく、単語の一つ一つをしっかりと聞き取る事が出来ます。

歌詞の言い回しとしてもとても平易な言い回しが使われているので英語の歌詞を読んで理解するだけでも十分な勉強になると言えます

個人的には英語の勉強として正しい発音を身につける為には最適なアーティストであると言えます。

The BEATLES(ビートルズ)

日本でも知らない人はいないほど。イギリス出身のバンドThe BEATLES

曲調もゆったりしたものが多く、単純でわかりやすい歌詞が多く英語の勉強にも最適です。

中学校の教科書にも「Hey jude」が載っていたりするので洋楽初心者にも聞きやすい曲が多いのが特徴です。

The BEATLESの場合は同じ単語やフレーズが何度も繰り返し登場するので初心者にはそういった歌詞の楽曲もおすすめ出来ます

楽曲としては「Hello Goodbye」「Let It Be」「Love Me Do」「From Me To You」「Can’t Buy Me Love」「A Hard Day’s Night」など、書ききれない程におすすめな楽曲がありますので是非チェックしてみて下さい。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

2016年の世界で最も稼いだセレブの1人にも選ばれたアメリカ出身のシンガーソングライターであるTaylor Swift

日本でもテラスハウスの主題歌として大ヒットした「We Are Never Ever Getting Back Together」が有名ですね。

Taylor Swiftの楽曲は実体験を元にした歌詞なので日常で使える英語表現が多く含まれています

また、発音も聞き取りやすいので発音練習にもうってつけです。

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)

アメリカの大人気歌手であるBruno Mars

日本でもCMに起用された「Just The Way You Are」などは誰でも聞いた事があるはず。

こちらも日常的な会話では当たり前に使われるようなフレーズも多く出てくるので実際に使える英語を身につけようと思った場合には最適と言えます。

Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)

アメリカ合衆国の男性シンガーソングライターで俳優でもあるJustin Timberlakeは日本でも有名ですよね。

グラミー賞やエミー賞など数多くの賞を受賞しているJustin Timberlakeの曲は、幅広い楽曲があるので聞いていても飽きません。

有名な曲では「Can’t Stop The Feeling!」「Cry Me a River」など。

興味を持ったら彼が出演している映画を見て映画から英語を学んでみるの良いかもしれません。

自分の好きな歌手の音楽を聞いて楽しく英語勉強しましょう

自分の好きな歌手の音楽を聞いて楽しく英語勉強しましょう

ここまでの記事を読んで頂ければ洋楽を聞く事で効果的に勉強する事が出来る事はわかって頂けたと思います。

例として挙げたアーティストはごく一部ですし、自分の好きな歌手がいればそのアーティストの楽曲でももちろんOKです。

沢山の洋楽を聞きながら楽しく英語を勉強してみてはいかがでしょうか

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る