英語超初心者の社会人が始める勉強法は?

英語超初心者の社会人が始める勉強法は?

東京オリンピックの開催が近づいている中、英語が使える人の需要がどんどん増えてきています。英語が話せるようになれば人生が変わる、キャリアアップにつながると考えている社会人の方は多いでしょう。

しかし、そうは言っても、しばらく英語の勉強から離れている社会人の方だと、「英語ができるようになりたいけど、勉強の仕方がわからない」と悩むことが多いはず。

そこでこの記事では、何から始めればいいかわからないという方に手頃に始められる勉強法をいくつか紹介していきたいと思います

英語勉強の最も基本的な勉強方法

英語勉強の最も基本的な勉強方法

英語が話せるようになるための最も基本的は勉強方法は、大きくわけて2つあります。単語・例文・文法を覚えるインプットと、実際に話せるようになるためのアウトプットです。単語を覚えるときにインプット→アウトプット、文法を覚えるときにインプット→アウトプットなど、それぞれのトレーニングの中でインプットとアウトプットをセットで行うのが、英語勉強の基本となります。

まずは必要な単語と例文を覚えていこう!

まずは必要な単語と例文を覚えていこう!

どんな原語でもそうですが、英語も言葉そのものを知っていないと、言いたいことが言えません。ですので、まずは必要な英単語を覚えていきましょう。

一般的な勉強方法は、1冊の単語帳を繰り返し学習する、というものがあります。1つずつ覚えながら進むのではなく、たとえば1回ひとまず読み通す、次はCDだけを聞いて読み通す、その次は発音しながら読み通すというやり方です。とにかく何度もその本を読み通すことを意識することで、モチベーションを保ちつつ身体に染み込ませられます。

そのため、単語帳を選ぶときは「中学英語レベル」「CD付き」だけでなく、「本の厚さやデザインが自分にしっくり来る」ものを選ぶといいでしょう。スマホを買い換えるときも、できるだけ自分の好きな色やデザインのものを選んだほうが、手に持っているだけで気分があがりますよね。単語帳は繰り返し繰り返し使うので、ぜひ意識してみてください。

また、「なるべく例文が書かれている」ことも単語帳を選ぶときは大事です。言葉ひとつを覚えるより、どんなふうに使われているのか、その例に触れることでより記憶に定着しやすくなります。

単語や例文と一緒に文法も勉強

単語や例文と一緒に文法も勉強

英単語の勉強とともに文法の勉強をするのがいいでしょう。こちらもまずは中学生レベルであれば十分なので、学校で習ってきたことをざっくりおさらいできるような本を購入するのがおすすめです。

文法と聞くと、ちょっとモチベーションが下がってしまうかもしれません。ですが実は日常英会話レベルであれば、次の5文型さえおさえておけば十分に通用します。ぜひ頭に入れるようにしましょう。

第一文型 S+V(主語+動詞)

第二文型 S+V+C(主語+動詞+補語)

第三文型 S+V+O(主語+動詞+目的語)

第四文型 S+V+O+O(主語+動詞+目的語+目的語)

第五文型 S+V+O+C(主語+動詞+目的語+補語)

日本語と文章の組み立て方が異なるので最初は戸惑うかもしれませんが、どのような組み合わせで成り立っているのかを理解することが最初は大事です。このパターンを身につけてしまえば、応用力も自ずと身につきます。

また単純に覚えようとするのではなく、それぞれの文型を使って、自分が話したいフレーズや今後使えそうなフレーズを作るのも効果的です。単純な記憶作業が苦手な人は、ぜひ試してみてください。

オンライン英会話に挑戦してみよう

オンライン英会話に挑戦してみよう

単語や文法がある程度身についたら(最初に購入した本を読み込んだら)、本格的なアウトプットに挑戦しましょう。社会人の方におすすめなのは、オンライン英会話です。オンライン英会話であれば、自宅にいながら英会話講師の指導を受けられるので、英会話教室になかなか行けない社会人の方にも向いています。また開講時間が24時間のところもあるので、仕事の時間が不規則な人でも継続しやすいのが魅力です。

以下にオススメのオンライン英会話について、詳しくご紹介しているので、もしよければご参考ください。

・DMM英会話

高いコストパフォーマンスと24時間受付が魅力のオンライン英会話です。教師や教材の選び方を丁寧に紹介していたり、自分のレベルが簡単に把握できるチェックテストがあったりと、はじめてオンライン英会話を受ける人へのサポートが充実しているのも魅力としてあります。

・Kiminiオンライン英会話

英語学習の初心者のために、学研が提供しているオンライン英会話です。独自のシステムを用いて、ひとりひとりのレベルに最適なレッスンを提供。指示通りに授業を受けるだけで、メキメキと英会話力が上がるようにカリキュラムが組まれています。手頃な値段で受けられるので、費用をおさえたい人にもおすすめです。

・産経オンライン英会話

社会人に向いているオンライン英会話のひとつです。日常英会話以外に、職業ごとによく使うフレーズをトレーニングできるカリキュラムが用意されているのが特長。ビジネスニュースに触れながら英語を同時に学べるレッスンもあり、キャリアアップを目指しているなら検討して損はありません。

留学は必要?

留学は必要?

英語を学習する中の選択肢として留学も一つの手段として上げらます。これは英語で喋るしか選択肢がない為必然的に英語のスキルが上がるのですが、だからと言って留学を選択するのは勿体無いです。

留学には短期留学と長期留学がありますが、短期留学ではあまり効果が得られることが少ないでしょう。

私自身留学の経験はありませんが、留学を経験した人の実体験を聞いてみると長期留学をしている方は英語スキルが遥かに上達していましたが、短期留学の人はあまり身につかなかったという人が多かったのです。

留学経験者の方達の意見をまとめると、留学して3ヶ月位たって軽い日常的な会話がやっと成立するようになるほどとのこと。

半年ほど経過してからやっと耳が慣れてきて相手の言っていることが理解できるようになりますが、自分での会話の引き出しが足りず返答がうまくできない状態。一年ほどでやっと会話が成立するようになったとのことです。

以上を踏まえると、社会人の方では短期留学の時間は取れたとしても長期留学の時間はなかなか取りづらいです。ですので、必ずしも留学が必須という訳ではありません。

最後に

最後に

英語超初心者の方はまずは中学レベルの英語をマスターすることが何よりのスタートになります。

現在では数多くの中学英語の復習などの書籍が発売されていますので、自分がやりやすい参考書を見つけて英語学習をスタートしてみてはいかがでしょうか

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る