書いて話すって何?ベストティーチャーの値段や評判を晒す

書いて話すって何?ベストティーチャーの値段や評判を晒す

使う英語を「書いて、話す。」というコピーが印象的な英会話教材、ベストティーチャー英会話だけでなくイングリッシュライティングも学べる、他とは一線を画する英語教材です。

英語のスキルを全般的に高めたいと考えている人にとって、ベストティーチャーのレッスンはかなりおすすめといえます。この記事では、レッスン内容や講師陣の特徴などを踏まえて、詳しく掘り下げましたので、ぜひ参考にしてください。

ベストティーチャーの公式HPへ

ベストティーチャーのレッスン内容

ベストティーチャーのレッスン内容

ベストティーチャーに入会すると、どのような流れで学習が進んでいくのでしょうか。実際に学ぶイメージを掴んでいただくためにも、ここではレッスンにフォーカスして解説しますね

ベストティーチャーのレッスンについて

ベストティーチャーでは、7つのコースが用意されています。1つの「通常コース」と6つの「試験対策コース」で構成されており、その中から自分にあったコースを選んで受講します。

通常コースは、英語で日常会話を行う上で大切な「読む、書く、聞く、話す」の要素がバランス良く学べるのが特徴。一方、試験対策コースは、これから受けたい資格試験や検定に向けた効率的な勉強ができるコースです。以下、この2種類に分けて、より詳しく解説します。

通常コースのライティングレッスン

通常コースでは、ライティングレッスン、リーディング&リスニングレッスン、スピーキングレッスンの順に受講します。

ライティングレッスンは、まず講師の言葉に英文で返信をすることからスタート。メッセージを送ると講師からの返事があり、最大5往復まで上記のようなメッセージのやりとりを行います。講師からの返信時間は、おおよそ数分~1時間程度です。

なお、このメッセージのやり取りは、中断することもできます。無理に講師と時間を合わせることなく、自分のペースで進めて問題ありません。

通常コースのリーディング&リスニングレッスン

ライティングレッスンで英語のメッセージをやり取りできたら、今度は講師による英文の添削です。より自然な文法を案内してくれたり、添削理由をきちんと教えてくれるので、リーディングスキルを効率よく磨けます。

また、自分と講師がライティングした英文を「音声録音」したものを送ってきてくれるので、それを元にリスニングのトレーニングを行います。

通常コースのスピーキングレッスン

ここまでのレッスンを終えたら、スピーキングレッスンの予約ができます。スピーキングレッスンとは、パソコンやスマートフォンを使って、テレビ電話のような形で講師と一対一で会話をしていくレッスンのことです。

予約時間までにベストーク(ベストティーチャーが提供するオンライン会話ページ)またはスカイプに入室すると、レクチャー開始。ここまでのレッスンでわからなかったところを質問したり、慣れてきたら気ままに世間話などをすることもできます。

なお予約は24時間受け付けており、スピーキングレッスン開始時間の20分前までならば予約可能です。

試験対策コース

一方の試験対策コースは、様々な英語力認定試験の学習に特化したコースとなります。ベストティーチャーに用意されているのは、「TOEFL iBT対策コース」「TOEIC SW対策コース」「IELTS対策コース」「TEAP対策コース」「英検対策コース」「GTEC CBT対策コース」の6コースです。

各試験に関する練習問題や、面接の突破方法なども色々な視点から広く深く扱っています。そのためこれらの試験を初めて受ける人だけではなく、過去に一度受験したけれど不合格だった人にもおすすめです。

ベストティーチャーのメソッド

ベストティーチャーには、決まった学習理論や独自の英語上達メソッドはありません。ただし「自分が普段話している日本語を全て英語にすれば、英語は話せるようになる」というコンセプトを掲げています。ライティングレッスンを取り入れているのも、そのためでしょう。

ただ闇雲に英語を発音しまくるのではなく、自分の頭で考えて英語を作り出すこと。それによって「読む、書く、聞く、話す」という重要な4技能が身につけられるのが、ベストティーチャーという教材なのです。

ベストティーチャーを利用するメリット

ベストティーチャーには、他の英会話教材にはないメリットがあります。これから英語を学ぼうと考えている人のために、いくつかまとめてみましたよ。

英文のライティングができる

ベストティーチャーが持つ強みの一つに、英語のライティングができるというものがあります。スピーキングやリスニングに特化した英会話教材はたくさんありますが、英文を書くことを取り入れているものはそこまで多くありません。

自分の言いたいことを落ち着いて文字に起こすことで頭の中が整理され、その後のリスニングやスピーキングのレッスンに集中できるのです。カリキュラムの中にライティングを取り入れることによって、話すことだけに偏らない、バランスの良い英語力を養えるでしょう。

様々な種類の資格試験対策ができる

多様な英語試験の対策ができることも、ベストティーチャーのメリットの一つ。TOEFLやTOEFL対策だけではなく、英語のライティングが行われるCTEC CBT対策までカバーしているのはありがたいといえます。

どんなに就職やキャリアアップに有利な資格でも、良い教材がなければなかなか勉強を進められません。これらの試験を受けようと考えている人には、ベストティーチャーの試験対策コースがおすすめですよ。

予定が立てにくい人でも英会話を学べる

ベストティーチャーのスピーキングレッスンは、受講開始の20分前に予約が取れる仕組みです。そのため、忙しくて先々の予定が不明な人にはとてもありがたいですね。

たとえば仕事が早く片付き、時間が余ったときに予約を取る、という使い方もできるのです。英会話教室や語学学校に通うよりも、遥かに効率的な学習が可能になるでしょう。

ベストティーチャーの公式HPへ

ベストティーチャーの価格

ベストティーチャーの価格

ベストティーチャーの価格は、通常英会話コースで月額税込12,000円となっています。自分のタイミングで学べる環境で、ライティングからスピーキングまでレクチャーを受けられることを考えれば、決して高額料金ではないでしょう。

またTOEICや英検の対策ができる試験対策コースは、月額16,500円です。追加の教材購入も必要なく、なおかつこの料金の中で通常英会話コースのカリキュラムも受講できるとのことですから、さらにお得といえます。

ベストティーチャーの公式HPへ

ベストティーチャーの特典

ベストティーチャーの特典

ベストティーチャーには、入会する前に無料体験レッスンを受けることができます。無料体験レッスンには、「ライティングレッスン3回」「スピーキングレッスン1回」が含まれています。

しかもライティングレッスンでは添削まで行ってくれますから、実際に入会したときと同じ感覚で体験することが可能です。これは、胡散臭い英語教材や詐欺教材ではないからこそできるサービスといえるでしょう。

ベストティーチャーの公式HPへ

ベストティーチャーの講師について

ベストティーチャーの講師について

ベストティーチャーには、多くの国から講師が参画しています。ここでは、ベストティーチャーの雰囲気を感じ取っていただくために、3人の方をご紹介しましょう。決してワンパターンではなく、様々な特徴を持つ講師が多いことがわかりますよ。

Maria Lourdes Masculino講師

こちらは、フィリピン出身の女性講師。アジア人を中心に英語を教えてきた過去があり、日本人が間違えやすいポイントなどを熟知しています

彼女の口調は、とても柔らかくてゆっくりしたもの。これから英語を学びたいと考えている人には、とても心強い講師といえるでしょう。

Erik Bliesze講師

アメリカ出身のエリック講師は、サーフィンやエクササイズが趣味のアウトドアな正確の持ち主。かつて6年間、日本で英語教師として務めていた経験を持つ親日家でもあります。

そのため彼には日本語の覚えもあり、英語だけでレッスンを受ける自信がない人にはうってつけの講師といえるでしょう。またアメリカ出身ということもあり、整ったネイティブの発音を学びたい人にもおすすめです。

Chantell Vogts講師

南アフリカ出身の女性講師。以前にも、オンライン英会話教材で教鞭をとっていた頼もしい存在といえます

彼女の特徴は、とてもなめらかに英語を話すこと。ただし発音がきれいであるため、これから本格的なネイティブの発話スピードと発話に慣れたいという人には特に推薦したい講師です。

ベストティーチャーの公式HPへ

ベストティーチャーの会社について

ベストティーチャーの会社について

ベストティーチャーを運営しているのは、サービス名と同じ社名を持つ「株式会社ベストティーチャー」です。スクールを開校したのが2012年と比較的若い会社であり、中には「怪しい会社ではないか」「なんだか胡散臭いな」と感じる人もいるかもしれません。

しかし株式会社ベストティーチャーの代表は、SAPIXなどを手がける株式会社日本入試センターで副社長を、代々木ゼミナールでは副理事長を務める高宮敏郎氏です。日本の教育の最前線で指揮を執る人物が手がける企業ですから、心配はいりませんよ。

ベストティーチャーの公式HPへ

ベストティーチャーの口コミ

ベストティーチャーの口コミ

バランス良く英語力を磨けるベストティーチャーに関する口コミの多くは、英語を学んで本当に良かったという喜びの声とともにありました。ここでは印象的だった口コミをいくつか抜粋して、お伝えしていきますね。

英語を活かした転職で人生が変わった(営業職/男性)

ベストティーチャーのおかげで、私はとても素晴らしい仕事を手に入れました。「海外で働きたい」という私の夢を、この教材が後押ししてくれたのです。

手前味噌ですが、私はかなり優秀な成績をあげてきた営業マン。しかし海外で働くとなれば、これまでの営業の成績に加えて「TOEIC高得点」が必須になります。

一切英語に自信がなかった私ですが、友人のすすめでベストティーチャーを始めてみたのです。なんでもTOEIC対策コースがあり、私にぴったりなのだそう。

レッスンを進めて数ヶ月が経ちました。するとなんとTOEICで信じられない高得点を叩き出していたのです。これには、驚きました。

今では、本場のネイティブたちを相手に高度な交渉を繰り返す日々。とてもやりがいのある仕事に付けたことは、友人と、ベストティーチャーのおかげなのです。

英語の文章を違和感なくタイピングできるようになった(事務/女性)

事務職にも、ちょっと遅めのグローバルの波が押し寄せてきました。半年ほど前に会社の方針が代わり、私たち事務職も海外からのメールを処理しなければならなくなったんです。

一応、社内で英語の勉強会があったんですが、もともと英語が得意ではない私は全くついていけませんでした。大好きな会社でしたが、これはもう転職するしかないかな…と諦めていたとき!

同僚が、ベストティーチャーをすすめてくれたんです。ベストティーチャーには英文のライティングのレッスンがあり、英語を始める前にはキーボードで簡単な英文を作成する必要があります。

毎日のことのように、英文を作成していると、気付かないうちに英語がわかるようになってきたんですよ!リスニングやリーディングといった他のレクチャーもあったからこそ、英語の力をバランス良く伸ばせたんだと思います。

今では、事務部門の英語対応エースとして皆から慕われています。ベストティーチャーはとてもおすすめですよ。

英会話をマスターして、世界中で活躍できた(写真家/女性)

写真家として、国内での活動になにか物足りなさを感じていた私。数ヶ月前から、なんとなく海外での活躍を夢想するようになりました。

表現の自由度を上げて、もっともっと前衛的な作品を残したい。そう思った私は、一念発起して世界の共通言語である英語を学ぶことにしました。

なんとなく口コミを見ていて、ベストティーチャーという教材に出会いました。はじめはなんだかうまい話が多く載っていて、正直詐欺なんじゃないか、とも思ったくらいです。

でもこの教材は、私を変えてくれました。

写真家という仕事柄、なかなか先々のスケジュールまではわかりません。でも20分前までに予約をすれば世界中の講師とお話ができるという仕組みによって、スラスラと英語をマスターできたのです。

今は英語圏を中心に、世界を飛び回って写真を撮っています。これも、ベストティーチャーのおかげです。

ベストティーチャーの公式HPへ

まとめ

まとめ

ベストティーチャーは、「読む、書く、聞く、話す」という英語の4つの技術をバランス良く高めてくれる英語教材。実際に英語を書いてから読むという流れがあることで、自分のペースで、まずは自分が使いたいと思った表現から学んでいけます。

忙しい人でも、まとまった時間がとれない人でも、自分は三日坊主だと感じている人でも。ベストティーチャーなら、あなたの新しい側面や才能を開花させてくれると確信しています。

もしも英語教材に迷っているなら、ベストティーチャーを検討してみてくださいね。

ベストティーチャーの公式HPへ TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語教材の関連記事一覧
英語教材の記事をもっと見る TOPページを見る