ネイティブイングリッシュの効果とは?料金と評判からズバっと解析

ネイティブイングリッシュの効果とは?料金と評判からズバっと解析

「英語で世界を広げよう」のコピーが印象的な英語教材、ネイティブイングリッシュ。教材名に「ネイティブ」という名前が付いているとおりに、本場の発音の英語をCDで聴いて話すことによって、英語レベルが格段に上がると言います。

ただし、本当に耳で聴いて話すだけで良いのでしょうか?本当に効果がある英語教材なのかどうか調べてみたので、ご紹介していきたいと思いますよ

ネイティブイングリッシュの公式HP

ネイティブイングリッシュのレッスン内容

ネイティブイングリッシュのレッスン内容

ネイティブイングリッシュには、「耳で聴く」「声に出す」だけで、英語が身についていく根拠があるのです。まずはネイティブイングリッシュが提唱するレッスン内容に焦点を当てて、深く掘り下げていきましょう。

ネイティブイングリッシュのレッスンについて

ネイティブイングリッシュのレッスンは、基本的にCDです。3種類のCDを使って英語を聴いたり、収録された指示に従って話したりしてトレーニングを行います

基本的な流れは、次のとおりです。

①以下のレッスンを3日間連続で受ける

・Listening CDに収録されているConversation(会話)とPhrase(フレーズ)

・Speaking CDに収録されているConversation(会話)とPhrase(フレーズ)

②Article記事でレッスン

Listening CDとSpeaking CDそれぞれに収録されているArticle記事(ニュースペーパー、マガジン)でレッスンする(こちらは1日分のみ)

③以下のレッスンを3日間連続で受ける(①とは別の内容)

・Listening CDに収録されているConversation(会話)とPhrase(フレーズ)

・Speaking CDに収録されているConversation(会話)とPhrase(フレーズ)

④ニュアンス解説CDを聴く

Listening CD・Speaking CDとは別に用意されている、ニュアンス解説CDを聴く(こちらは1日分のみ)

ネイティブイングリッシュでは、これを1クールとし、計12クール取り組んでもらうようにカリキュラムが組まれています。

様々な学習コースが用意されている

ネイティブイングリッシュでは、今紹介したような基本の流れをアレンジした学習コースが、5つ(計6コース)用意されています。たとえば①②・③④をそれぞれ1日で行う「最短コース」、①③の内容を「Listening CDのレッスンに3日間・Speaking CDのレッスンに別で3日間」と分けて行う「お勧めコース」といった具合です。

このように、ご自身のペースに合わせて学習期間を長くしたり短くしたりできるのも、ネイティブイングリッシュの特徴でしょう。

ネイティブイングリッシュのメソッド

英語を聞いて同じ英語を呟くだけと聞けば、なんだか簡単そうで、本当に効果があるのかと疑問に感じるかもしれません。しかしネイティブイングリッシュによれば、決して「英語を聞き流すだけ」では上達させることは難しいのだといいます。

では果たして、どうすればリスニングを軸としたレッスンで英語を上達させていけるのでしょう?

大人は聞き流すだけでは英語を習得できない?

ネイティブイングリッシュは、大人と子どもの英語習得の違いに着目しています。ほとんど言葉を話せない子どもが英語を聴いたときには、すんなりと自分の中に入ってきますが、大人であれば英語を聴いたときにまず母国語に翻訳しようとするのです。

つまりすでに日本語を母国語としている大人は、頭の中で「和訳」をしてしまうため、英語が記憶に残りにくいのだと、ネイティブイングリッシュは言います。

英語・日本語の双方向から翻訳できるカリキュラム

そこでネイティブイングリッシュでは、頭の中で言語を翻訳するときの「流れ」「タイミング」を重視したメソッドを提唱しています。

まずリスニングであれば「英語の音声が流れてきたあとに、最適なタイミングで日本語が流れてくる音源」が用意されています。つまり実際に英文を聴いたときに、頭の中でいかにスムーズに日本語へと置き換えられるかということを重視しているのです。

またスピーキングであれば、先程とは反対に「日本語が流れてきたあとに、英語が最適なテンポで流れてくる音源」を用意しています。こうすることで、話したいことがあるときにはまず日本語を思い浮かべ、頭の中で英語に変換するという流れを体で覚えていけるのです。

ネイティブイングリッシュを利用するメリット

ネイティブイングリッシュは、新しい独自の視点からレッスンを展開していることがわかりました。今までにない内容のカリキュラムだからこそ得られる、大きなメリットもあるのです。ここからは、ネイティブイングリッシュを利用するメリットについてお伝えしてまいりましょう。

日常生活に近いシチュエーションに則って英語を学べる

ネイティブイングリッシュのリスニングCDとスピーキングCDには、日本人が実際に直面するであろう状況が厳選されています。たとえばですが「私の拳銃、かっこいいでしょ?」と話すレッスンがあっても、日常生活で使わない英文はなかなか頭に入ってきませんよね。

しかしネイティブイングリッシュのCDには、日本人が英語を学ぶ上で必要になりそうなシチュエーションを厳選して収録しています。そのため、本当に困ったときに使える英語が身につくのです。

「精聴」と「多聴」という2種類の聴き方が身につく

ネイティブイングリッシュでは、「2種類の聴き方」に沿って聴くことを推奨しています。

まずひとつ目は「精聴(せいちょう)」です。精聴ではたくさんの英語を聞くことで、会話の流れやその構成を把握することを目的としています。

もうひとつは「多聴(たちょう)」で、これは何度も繰り返し復習をすることで、英語の発音を深く理解するための聴き方です。

ネイティブイングリッシュは、この聴き方をすることでより効果が上がるように作られています。それは言い換えると、ネイティブイングリッシュを使えば今までとは違った聴く力を身につけるのも可能、ということでもあります。

時間と場所を選ばずに英語を学べる

CDの音源を聴くことに重きを置くネイティブイングリッシュのカリキュラムならば、時間と場所を選ばずに学習を進めていけます。忙しい人にとって、どこでも英語が学べることは嬉しいですよね。

CDの音源をスマートフォンや音楽プレーヤーにダウンロードしておけば、移動中やランニング中など、好きなタイミングで学習ができるのです。何駅も乗り継いで英会話教室に向かう必要もありませんから、無駄な時間を取られることなく英語学習に集中できます。

ネイティブイングリッシュの公式HP

ネイティブイングリッシュの価格

ネイティブイングリッシュの価格

ネイティブイングリッシュの価格は、税込29,800円です。一生使える「英語」というスキルを習得するにあたって、出費が30,000円でお釣りのくる金額で抑えられるというのは魅力的ですよね。またCDなどの学習で使う教材の送料も無料ですから、遠方に住んでいる方にもおすすめです。

90日全額返金保証つき

ネイティブイングリッシュには、90日間全額返金保証もついています。もし開封した後であっても、効果が得られなかった場合は返金の対象になるようです。

もしも返金したいと思った場合にも、専用のお問い合わせフォームが用意されているので安心です。90日間…つまり3ヶ月もの間お試し期間が設けられているのは、反対に言えば「3ヶ月の間で効果を実感してもらえる自信」の現れとも捉えられるでしょう。

ネイティブイングリッシュの公式HP

ネイティブイングリッシュの特典

ネイティブイングリッシュの特典

ネイティブイングリッシュには、さらに嬉しい特典もついています。それは「Native English Business CD & テキスト」です。

この特典の中では、実際にビジネスシーンで使われる英語表現を学ぶことができます。お仕事のために少し難しい英語を習得する必要のある方や、将来英語圏での勤務を希望している方には特におすすめな特典と言えますよ。

ネイティブイングリッシュの公式HP

ネイティブイングリッシュを作っている人々

ネイティブイングリッシュを作っている人々

ネイティブイングリッシュは、多くの優秀な人材の協力があって作られています。ここでは、どのような人々がどのような思いでネイティブイングリッシュを作っているのかを、深く掘り下げてお伝えしていきたいと思います。

開発者・Yoshi Kinoshita

ネイティブイングリッシュは、このYoshi Kinoshita氏によって立ち上げられた英語教材です。彼自身、ワーキングホリデーでオーストラリアに行ったものの、日本で覚えた英語のフレーズが全く通用しなかったという経験を持っています。

Yoshi Kinoshita氏は、そのような経験から「日本語から英語へ」「英語から日本語へ」という独自のスタイルで学んでいくネイティブイングリッシュのメソッドを生み出しました。無理に英語だけに触れるのではなく、日本語にも触れることで、無理なく楽しく英語を学んでほしい…そんな彼の思いが、ネイティブイングリッシュに秘められているのです。

監修者・阿部 一(あべ はじめ)

阿部氏は応用言語学の専門家として、ネイティブイングリッシュの監修にあたっています。アメリカの2つの大学で大学院を出て・元NHKラジオ講師の肩書きも持つ阿部氏は、これまで企業や教育業界にその腕を買われてきました。

彼が提唱するのは、英語を話す上では「自信」「ネイティブフレーズ」が鍵になるということ。英語のスペシャリストと言っても過言ではない阿部氏の意向が反映されているからこそ、ネイティブイングリッシュは高い質が保たれているのです。

DJトーク講師・マイケル・リーヴァス

バイリンガルであると同時に、有名なDJであるマイケル・リーヴァス氏は、ネイティブイングリッシュの中で「英語のニュアンス」について教えてくれます。まるでラジオを聴いているかのような気軽な感覚で、英語ならではのニュアンスを学べるのです。

たとえば同じ英語であっても、初対面の人に使う英語と昔からの友人に使う英語では全くの別物。マイケル・リーヴァス氏は、そのような「厳密な決まりはないけれど役にたつ英語」を教えてくれるのです。

ネイティブイングリッシュの公式HP

ネイティブイングリッシュの会社について

ネイティブイングリッシュの会社について

ネイティブイングリッシュを運営する会社は、「株式会社インフォファクトリー」です。新進気鋭のIT企業が軒を連ねる渋谷区広尾にオフィスを構える同社は、「学びを通じ、世界を広げる」という考えのもとで、出版事業やコンテンツ事業を展開しています。

代表取締役の写真とメッセージとともに、多くの写真が掲載されている印象的な企業ホームページをもつ同社。ネイティブイングリッシュだけではなく、これからも広く世の中に学びを提供していく企業だという印象を受けました。

ネイティブイングリッシュの公式HP

ネイティブイングリッシュの口コミ

ネイティブイングリッシュの口コミ

さらに、実際にネイティブイングリッシュを使って英語を習得できた人たちの口コミを調べてみました。多くの人の意見や体験が集めたところ、ネイティブイングリッシュの魅力や強みがさらに浮き彫りになってきました。

それでは早速、ご紹介していきましょう。

海外からの旅行者に道を教ることができた

もともと英語が苦手だった私。でも一人旅が好きだったので、ひとりでも海外旅行に行けるように、ネイティブイングリッシュで英語を学習しました。

ネイティブイングリッシュの学習を8割がた終えたあるとき、会社帰りに知らない外国の方に道を尋ねられたのです。突然のことで、いつものように「英語が話せない」ことを伝えようとしたのですが…

なんと良く耳を澄ますと、その方が何を言っているのかが分かったのです。「ニュージャージーから日本に旅行に来たんだけど、六本木ヒルズまでの道のりがわからない」と!まさかこんなにはっきりと聞き取れるなんて、感動しました。もちろんすぐに道を教えてあげて、来月には夢だった「1人海外旅行」にいく予定も立てられたんです!

字幕なしで海外ドラマを楽しめた

そろそろアラカンに差しかかってきた私の最近の悩みは、目が悪いこと。もともとあった遠視に老眼が加わり、スマートフォンやタブレットで趣味の海外ドラマ鑑賞をするのがきつくなってきました。あれって、字幕の文字がかなり小さいんです。

そんああるとき、仕事で英語を使う必要があり、ネイティブイングリッシュを学習し始めました。ある程度学び終えたあと、たまたまいつものように海外ドラマを見始めたんですが、驚きましたよ。

なにせ、字幕なしの状態でも、どんなセリフを言っているのかが手に取るようにわかったんですから。英語を聞き取れる日がくるとは、夢にも思っていませんでした。ネイティブイングリッシュのおかげで、人生が変わったように思いますよ。

英語の先生と英語でディベートができた

家族でハワイに行く予定があり、ネイティブイングリッシュで英語を学び始めた者です。中学校で数学を教えているのですが、同じく英語を教えている同僚教師と仲が良く、よく飲みに行くんです。

彼はいつも酔いが回ると、なぜが英語で話し始めるんです。悪ふざけのつもりなのでしょうが、いつも彼が何を言っているのか、私も気になっていたんですよ。

そこでネイティブイングリッシュを一通り学び終えたあるとき、酔いの回った彼の言葉に耳を傾けてみたんです。そうしたらなんと、彼が何を話しているのかはっきりと聞き取れたではありませんか。彼はただ校長と教頭の悪口を言っていただけでしたが、日常生活の中で英語が聞き取れたことは、とても新鮮な体験でした。

ネイティブイングリッシュの公式HP

まとめ

まとめ

ネイティブイングリッシュは、聞くことと話すことを中心に、理にかなったカリキュラムで英語を習得させてくれる優良教材。スキマ時間や通勤・通学の時間だけでも、身につく英語は多いのです。

ネイティブイングリッシュで英語を学べば、多くの時間をかけずとも、自分の可能性を広げられることでもあります。英会話を学ぶことで得られるものは、想像よりも多いはず。これを機会にぜひネイティブイングリッシュで英語に触れて、世界を広げていってくださいね。

ネイティブイングリッシュの公式HP TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語教材の関連記事一覧
英語教材の記事をもっと見る TOPページを見る