レアジョブ英会話の全貌。口コミや料金で分かるメリットとデメリット

レアジョブ英会話の全貌。口コミや料金で分かるメリットとデメリット

累計80万人の方が受講し、99.4%の方が「始めてよかった」と話すレアジョブ英会話。非常に安価ながら、質の高い講師による指導や手厚いサポートが受けられるとして、着々と支持を集めているオンライン英会話です。

この記事では、レアジョブ英会話のレッスン内容や料金などを、口コミを交えながらご紹介し、そこからわかるメリット・デメリットを解説しています。レアジョブ英会話の本当の特徴や魅力がわかる内容となっているので、胡散臭いと思っている人はぜひ参考にしてください。

レアジョブ英会話のレッスン内容

レアジョブ英会話のレッスン内容

まず、レアジョブ英会話のレッスン内容やサービス、受け方など基本的な情報をご紹介していきましょう。

レアジョブ英会話の概要

レアジョブ英会話は、パソコンやスマートフォンを通して、英語講師から英会話の指導を受けることができるオンライン英会話です。レッスン形式はマンツーマンで、1回のレッスンは25分。公式サイトから自分で講師を選んで予約し、時間になったら専用のオンラインルームに入るかSkypeで回線を繋いで、講師から直々にレクチャーを受けます。

3種類のコース

レアジョブ英会話には、日常英会話・ビジネス英会話・中学・高校生コースの3種類のコースが用意されています。

日常英会話

英会話を初めて学習する人や、海外旅行や留学などを楽しみたい人向けのベーシックなコースです。よくあるシチュエーションに沿って必要なフレーズや表現方法を学べるので、実用的な英語が身につきます。日本人が間違えて覚えてしまいがちな文法や、文化の違いによって違った伝わり方になってしまう表現など、実践に役立つトリビアを教えてくれるのも特徴です。

ビジネス英会話

ビジネスで使える英語を重点的に教えてくれるコースです。言語習得に有効とされる「PCPPモデル」(①Presentation(提示) ②Comprehension(理解) ③Practice(練習) ④Production(産出))に沿ってレッスンが行われ、実際のビジネスシーンで瞬間的にアウトプットができる力を養うことができます。

また、レアジョブ英会話に在籍している優秀な講師のうち、トップレベルの指導力やコミュニケーション能力を有している講師が担当するのも特徴のひとつ。口コミでも、ハイレベルな英会話を身につけたいニーズに、着実に応えてくれると話題です。

中学・高校生コース

名前の通り、中学生・高校生向けのコースです。特徴はふたつあり、ひとつは英検の二次試験対策ができること。本番と同じ試験形式に基づいた模擬面接が受けられ、合格のポイントを効率よく身につけることができます。もうひとつは、グローバル英語教材「Go for it!」を活用したレッスンを実施していること。今後の高校、大学入試英語で必須とされている聞く・話す・読む・書くの4技能を、バランスよく鍛えることが可能です。

加えて、中高生専用のトレーニングを受けた講師が担当してくれるため、ちゃんとついていけるのだろうか…という心配もいりません。

独自のサービス展開

レアジョブ英会話は、以上のような3種類のコースに加えて、独自のサービスを展開しています。

レベル設定

レアジョブ英会話では、レッスンを受ける人に最も適した勉強をしてもらうべく、国際標準規格CEFRに基づいたレベル設定を用意しています。これをRareJob LEVELと言い、レベル1~10まであります。このRareJob LEVELに基づいて、講師やカウンセラー(詳細後述)がその人にとって必要な授業や教材を判断するのが、レアジョブ英会話の特徴です。なお、このレベルチェックは、レアジョブ英会話の無料体験、もしくはスピーキングテストによってしてもらえます。

カリキュラム自由選択

レアジョブ英会話では、レアジョブ英会話が事前に用意したいくつかのカリキュラムから、自分のRareJob LEVELや目的に応じたものを選ぶことが可能です。利用は任意ですが、「英会話講師と話せると言われても、何を話していいのかわからない」「もっと要領よく英語を身につけたい」人はしておくのがおすすめ。カリキュラムを設定していると、レッスンを担当する講師が確認して進捗に合わせたレッスンをしてくれるからです。

レッスンルーム

レアジョブ英会話では、独自のオンラインレッスンルームを用意してくれています。これは、パソコンのブラウザやスマートフォン・タブレットのアプリからアクセスし、担当講師からのレクチャーを受けられる受講システムです。

最大の特徴は、講師の映像やチャット、教材がひとつの画面上に表示されること。教材を見るためにブラウザを開いて、それを使って講師と話すために通信ソフトを開いて…といったわずらわしい操作をしなくて済みます。また困ったときのワンフレーズを収録した機能も搭載していて、フレーズをワンクリックすればチャットへ引用することが可能。口コミでも、こういうとき英語で何て言ったらいいのかわからない、でも講師に聞けない、どうしよう…となってしまっても、慌てず対処できたとありました。

あんしんパッケージ

あんしんパッケージとは、レッスンを受ける人が、効率的に英語学習できるようにするためのサポートです。カリキュラム設定やレッスンルームと違って有料(月額980円)ですが、その分手厚いフォローを受けることができます。具体的には、以下の3つのサポートがあります。

・カウンセリング

日本人カウンセラーが、最適な個別学習プランを作成してくれるサポートです。「海外旅行ができるようになりたい」「では、○ヶ月後までに○○ができるように、○○のレッスンを月○回受けましょう」といった形で具体的な道筋を提示してくれるほか、自分と相性の良い講師やおすすめの書籍などを紹介してくれます。3ヶ月に1回受けることができ、学習プランの見直しを都度することも可能です。

そんなカウンセリングに対して口コミで話題となっているのが、カウンセラーが非常に優秀なこと。特別なトレーニングを受けているだけでなく、累計60,000件という膨大なカウンセリングデータを駆使して、ひとりひとりに最適なプランを導き出しているためでしょう。

・自動予約(β)

1週間分のスケジュールを登録すると、自動で予約してくれるサポートです。利用することで日々の学習にリズムができ、継続に繋がりやすいのがメリット。いろいろな講師と予約してくれるので、程よい緊張感を味わうこともでき、会話スキルをさらに磨けるのも利点としてあります。

・スピーキングテスト割引

レアジョブ英会話には、オンライン上で英会話力がどの程度あるのか確認できるスピーキングテストがあります。通常だと1回の受験料が2,980円ですが、あんしんパッケージに申し込んでいれば毎回980円(67%OFF)で受けることが可能です。

スピーキングテストは採点によって自分のRareJob LEVELがわかるだけでなく、伝える力や発音など6つの角度から判定してくれるので、どこを改善すべきなのかがひと目でわかります。

あんしんパッケージの目的は、「カウンセリング」「自動予約」「スピーキングテスト割引」の3つのサポートによって、受講者に継続して勉強をしてもらうことです。有料ではあるのですが、挫折しやすい人に効果抜群と評判なので、当てはまる人は検討することをおすすめします。

レアジョブ英会話の価格

レアジョブ英会話の価格

次にレアジョブ英会話の価格について、確認をしていきましょう。

料金プラン一覧

3種類のコース料金は、次のとおりです。

・日常英会話

月8回プラン(毎月8レッスン)…月額4,200円

毎日25分プラン(1日1レッスン)…月額5,800円

毎日50分プラン(1日2レッスン)…月額9,700円

毎日100分プラン(1日4レッスン)…月額16,000円

・ビジネス英会話

毎日25分プラン(1日1レッスン)…月額9,800円

・中学・高校生コース

毎日25分プラン(1日1レッスン)…月額9,800円

【オプション】

・安心パッケージ

月額980円

・スピーキングテスト

1回2,980円(あんしんパッケージに申し込んだ場合は、1回980円)

※オプションは、「日常英会話」「ビジネス英会話」「中学・高校生コース」のいずれかに入会しないと、申し込むことはできません。

レッスンチケット

レアジョブ英会話では、入会者だけにレッスンチケットを販売しています。これは、申し込んだプランの1日の予約上限数を無視して、レッスン予約ができるというものです。

例えば日常英会話の「毎日50分プラン」を申し込んだ人は、通常は1日2回までしか予約ができません。しかし、レッスンチケットを使えば3回、4回とすることができます。使い方はさまざまですが、海外旅行や試験前の1週間に使う人が多いようです。チケットは1枚から販売されていて、6枚 or 13枚まとめ買いすればお得になります。

返金について

有料プラン開始後、8日以内に申し出れば、支払料金から返金手数料1,000円を引いた金額を返してくれます(月8回(毎月8レッスン)プランを除く)。この期限が過ぎた場合は、利用規約により、当該利用月の残日数は返金されない(3月15日で退会しても、16~31日分のお金は返ってこない)ので注意が必要です。

レアジョブ英会話の特典

レアジョブ英会話の特典

次に、レアジョブ英会話の特典について解説します。

無料体験

レアジョブ英会話では、初めて利用する方向けに、2回のレッスンとカウンセリングを無料で用意してくれています。

体験レッスン

体験レッスンの時間は、通常のレッスンと同じ25分です。その中で、主に3つのことが行われます。

最初は、英語の自己紹介です。と言っても難しくはなく、公式サイトに穴埋め式の教材があり、そこに自分の情報を入れていけば簡単に自己紹介文が作れます。ここで大事なのは完璧にするのではなく、できなくて当たり前、という気持ちで堂々と話すことです。

次に、レベルチェックです。これも講師の質問に答えるだけと簡単。無理する必要はなく、わからなければパスします。

最後は、講師がレベルに応じて教材を選び、それに基づいたレッスンをしてくれます。あとは後ほど届くレポートを見て、自分の強み、弱みを確認します。

カウンセリング

カウンセリングは、上述したように、目標に応じてどのように勉強すればいいのかアドバイスしてくれるサービスです。これによってどのコースに入会したらいいか、どの教材を選ぶべきかがわかります。

有料会員への強制切り替わりなし

レアジョブ英会話では、無料会員に登録したあと、有料会員に強制的に切り替わることはありません。

無料キャンペーン

レアジョブ英会話では、無料会員に登録日から7日間以内に対象のプランに申し込めば、初回の月が半額になるキャンペーンを実施しています。

【対象となるプラン】

・日常英会話コース

毎日25分プラン(1日1レッスン)

毎日50分プラン(1日2レッスン)

毎日100分プラン(1日4レッスン

・ビジネス英会話

毎日25分プラン(1日1レッスン)

・中学・高校生コース

毎日25分プラン(1日1レッスン)

※いずれも「あんしんパッケージ」を付けても対象となります。

無料教材

レアジョブ英会話には、1,000個以上の教材を無料で用意してくれています。ここで自分で好きな教材を選び、それをもとに講師からレッスンを受けるのが一般的な流れです。ただ教材内容の説明を読むだけでなく、実際に1~2回受けてみるのが、自分に最適な教材を探すコツになります。

レアジョブ英会話の講師について

レアジョブ英会話の講師について

レアジョブ英会話の講師は、全員フィリピン人です。「大丈夫なの?」「怪しい」と思う方もいるかもしれませんが、実はフィリピンは、ノンネイティブスピーカーとして世界1位の英語力を誇る国。圧倒的に高い英語力を有しているとして、外資系企業も多く参入しているほどです。

それに加えて、レアジョブ英会話において厳しい採用試験(合格率1%程度)と品質管理が実施されています。こうした背景があるからこそ、99.4%の方がレアジョブ英会話をやってよかったと話すのです。

レアジョブ英会話の会社について

レアジョブ英会話の会社について

レアジョブ英会話の会社は、株式会社レアジョブです。英語教材を販売している会社としては、唯一の上場企業となっています。信頼できる企業であると同時に、レアジョブ英会話も怪しい教材ではないことがわかっていただけることでしょう。事実、社員教育にレアジョブ英会話を導入する企業も多く、今後ますます広がりを見せると予想しても何ら不思議ではありません。

レアジョブ英会話レッスンのメリット・デメリット

レアジョブ英会話レッスンのメリット・デメリット

これまでの情報を踏まえて、最後にレアジョブ英会話のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

メリットはまず、気軽に受けられることがあげられます。レアジョブ英会話のレッスンは、パソコンやスマホさえあれば、他に何も用意する必要がありません。また当日5分前までレッスンの予約ができるので、思い立ったが吉日のようにレッスンが受けられます。

そんな気軽さがありつつ、優秀な講師とカウンセラーがバックにいて、英語学習が効率よくできるのもメリットです。ほとんど英語が苦手でできなかったのに、2ヶ月後には海外旅行を楽しむまでになれたという、にわかに信じがたい話が書かれた口コミは決して少なくありません。

デメリット

デメリットは、オプションに申し込まない限り、自分でレッスンの予約が必要となることです。自発的、積極的な気持ちを持ち続けないと、みるみるうちにレッスンを受ける回数が減ってしまうかもしれません。また受講期間が朝6時から深夜1時までのため、完全に生活のリズムが夜型の人だと、一考する必要があるのもデメリットです。

まとめ

まとめ

レアジョブ英会話の何よりの特徴は、手厚いサポートです。個別にカリキュラムを作成してくれるサービスが、プラス980円(月額)で受けられるオンライン英会話は、そうそうあるものではありません。これまで英語勉強をしていて、いつも何かしっくり来ない…という人は、レアジョブ英会話であれば解決できる可能性が高いので、ぜひ検討してみてください。

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語教材の関連記事一覧
英語教材の記事をもっと見る TOPページを見る