【辛口評価】i-smile(アイスマイル)は大丈夫?口コミや価格から考察

【辛口評価】i-smile(アイスマイル)は大丈夫?口コミや価格から考察

新しい英語教育の道を切り開いた、とも称されているi-smile(アイスマイル)。300冊以上の英語本を執筆している、有名英会話講師デイビッド・セイン先生が監修した教材です。この記事では、そんなi-smile(アイスマイル)のレッスン内容や口コミ、価格についてご紹介しています。

・英会話に必要なフレーズは日本語のドラマで学ぶ

・面倒な復習がゲームでできる

こうした方法を通して、2ヶ月でネイティブも驚く英語力が手に入る理由を、ぜひこの機会に知っていただけたら幸いです。胡散臭い、と思っている人はなおのこと必見です。

i-smileの公式HPへ

i-smile(アイスマイル)のレッスン内容

i-smile(アイスマイル)のレッスン内容

早速、i-smile(アイスマイル)のレッスン内容からご紹介しましょう。

レッスンの流れ

i-smile(アイスマイル)の基本的なレッスンの流れは、次のとおりです。なお、レッスンはすべてスマートフォンでできるようになっています。

①1回15分のドラマを視聴する

②ドラマで使われたフレーズの英語を、音声で聞きながらアウトプットする

③ドラマで使われたフレーズの英語を、ゲームで復習する

以上を、基本トレーニングとして毎日繰り返します。それによって、2ヶ月後には以前とは比べ物にならないほどの英語スキルを手にします。

では、なぜこのような授業でレベルが上がっていくのでしょうか。怪しい、と思ってしまう人もいることでしょう。では、各レッスンの詳細をご紹介していくことにします。

①1回15分のドラマ

i-smile(アイスマイル)の目玉レッスンとしても過言ではない、1回15分のドラマ。英会話教材なので英語のドラマかと思いきや、日本人による日本語のドラマです。

なぜ英語スキルが上がるのかと言うと、このドラマにはスマート字幕という、i-smile(アイスマイル)独自の英語字幕が使われています。この字幕があることで、英会話に必要なフレーズがどんどん頭の中に入ってくるようになっているのです。胡散臭いかもしれませんが、これはアメリカのマサチューセッツ工科大学やスタンフォード大学、日本の東京大学ですでに実証実験済みで、記憶のスペシャリストたちによって勉強に効果があると科学的に証明されています。

②音声を聞きながらアウトプット

ドラマを見終わったら、次にあらかじめ用意された音声を聞きながらアウトプットをしていきます。繰り返し発音をすることで、フレーズがなめらかに言えるようになるだけではなく、耳が英語に慣れていくのがポイント。これによって、実際の会話でネイティブに同じようなフレーズを言われたときにも、聞き取ることができるようになります。

③ゲームで復習

せっかく習ったフレーズも、忘れてしまっては意味があまりありません。しかし単調な反復練習では飽きてしまいますし、何よりつらいですよね。i-smile(アイスマイル)はその点を考慮して、独自のスマホゲームを準備しています。

このスマホゲームですが、教材とは思えないほどクオリティが高く、これが楽しくてi-smile(アイスマイル)を続けられた人もいます。操作自体は簡単なので、これまでゲームをやったことがない人でもすぐに慣れるのが特徴。スコアシステムが導入され、ハイスコアが取れればランキングに掲載されます。

課題提出

①~③の基本レッスンに加え、i-smile(アイスマイル)では、3~4日に一度課題の提出があります。課題内容は②でアウトプットした発音で、提出方法はLINEの録音機能で録音し、LINEでi-smile(アイスマイル)側に送るというもの。提出すると、i-smile(アイスマイル)に参加している講師がチェックをし、フィードバックをしてくれます。

もちろん修正すべき点はしてくれますが、うまくできなかったからと言って咎められるわけではありません。適切にかつ優しく指摘してくれるので、安心して提出しましょう。上手にできたポイントは褒めてくれるので、モチベーションアップにもなります。

オンラインレッスン

さらにこちらから申し込めば、マンツーマンのオンラインレッスンを受けることができます。ネイティブの講師だけでなく日本語の講師も所属し、自分のスキルに合った先生が対応してくれるのが魅力です。またドラマで習ったフレーズの実践練習だけでなく、最初に雑談をしてくれることもあるので、コミュニケーションの幅が広がります。なおオンラインレッスンは、週に2回実施されています。

ワークショップ

英会話勉強の目標のひとつは、目の前にいるネイティブとスムーズに英語でコミュニケーションが取れるようになること。そのためi-smile(アイスマイル)では、1ヶ月に1回、全国の主要都市でワークショップを開催しています。このワークショップは、筆頭講師であるデイビッド・セイン先生の講義を、同じi-smile(アイスマイル)の受講者と聞ける貴重な機会です。

加えて、実際に行われたワークショップの動画が配信やオンラインワークショップの開催も行われています。仕事に都合や住んでいる地域によって参加できなかった人は、そちらを活用するのもいいでしょう。

i-smileの公式HPへ

i-smile(アイスマイル)の価格

i-smile(アイスマイル)の価格

上記を見てわかるように、実にさまざまなレッスンが用意されているのがi-smile(アイスマイル)の特徴です。となれば価格が気になるところですが、i-smile(アイスマイル)は199,800円です。2ヶ月間毎日レッスンを受けることになるので、1レッスンあたりの料金は3,330円(199,800円/60日)となります。

一方、他のオンラインレッスンでは、1回のレッスン料金は5,000円程度が相場です。199,800円とだけ聞くと「高いな…」「怪しいな…」「詐欺ではないか」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、決して驚くほど高価格ではないことがわかっていただけるでしょう。

i-smileの公式HPへ

i-smile(アイスマイル)の特典

i-smile(アイスマイル)の特典

i-smile(アイスマイル)には、基本レッスン以外にも、英語力アップに繋がるさまざまな特典があります。しかも、そのどれもが、それぞれで十分なお金が取れるほどにハイクオリティです。他の英会話教材と比較しながら申し込みを検討していたり、詐欺教材と疑っているのであれば、この特典部分も加味しながら見るといいでしょう。

【入会前にもらえる特典】

i-smile(アイスマイル)の特典は、もらえるタイミングによってふたつに大別することができます。入会前にもらえる特典は、次の4つです。これらは、前章で紹介した「i-smile(アイスマイル)の動画」を見た感想を送れば、受け取ることができます。

(※)「i-smile(アイスマイル)の動画」とはi-smile(アイスマイル)によって制作された無料の動画です。筆頭講師であるデイビッド・セイン先生やTOEICで満点を獲得した小野あきこ先生、フリーアナウンサーの小川まきさんや沖津ななさんが出演。上記でお伝えしたようなi-smile(アイスマイル)のレッスン内容や魅力を、数回にわたって教えてくれます。

また動画内では、小川さんや沖津さんがi-smile(アイスマイル)に挑戦し、レベルアップしていく様子も収録されています。実際に挑戦したときのイメージがつかみやすくなるので、不安な人ほど見るのをおすすめしたい動画です。

英語自己紹介文の作成

第一の特典は、英語自己紹介文の作成です。ひとりひとりに合った紹介文を作ってくれるので、そのまま実際の会話で活用することができます。

海外旅行レッスン

第二の特典は、海外旅行の対策ができるレッスンです。レストランやショッピングで使えそうなフレーズと、その発音の仕方を音声などを使ってレクチャーしてくれます。フィードバックも付いているので、こちらも実践で役立つスキルが得られると言えるでしょう。

ドラマとゲームのサンプル

第三の特典は、ドラマやゲームのサンプルです。i-smile(アイスマイル)の日本語のドラマ、ゲームのクオリティなどを確認できます。

カスタマーサポート活用マニュアル

第四の特典は、海外のカスタマーサポートで英会話のスキルを磨くときに役立つマニュアルです。i-smile(アイスマイル)にはオンラインレッスンやワークショップがありますが、どうしてもインターバルがあり、毎日リアルな英語を聞くことができません。しかし私たちが日本語を話せるようになっているのは、日々日本語を聞き、話しているからです。

そこでi-smile(アイスマイル)では、海外のカスタマーサポートに問い合わせ、リアルな英語を経験することを推奨しています。ただいきなり電話をしても何を言っていいのかわからないだろう、ということで用意したのがこのマニュアルです。もちろん無闇に連絡すると困らせてしまうので、本当に聞きたいことがあったときに使って、とi-smile(アイスマイル)も注意を促しています。

【入会後にもらえる特典】

次に、入会したあとにもらえる特典についてご紹介しましょう。

未発表の書籍原稿

第一の特典は、デイビッド・セインが執筆した未発表の書籍原稿です。『つい誰かに話したくなる英語雑学』『世界中で使える超定番ビジネス英語』など5冊分の原稿を、会員サイトからいつでも見ることができます。少ないものでも100ページ以上、多いものだと約300ページあり、読み応え十分となっています。

オーディオブック

第二の特典は、すでにネットショップで発売されているオーディオブック5冊分です。『ビジネスで使う電話英語30場面』『はじめてブックス 英語de世界の昔話』『はじめてブックス 英語de日本の昔話』などに収録されている音声を聞くことができます。

TOEICスコアアップ対策の動画講義

第三の特典は、TOEICを400点から600点に伸ばすための極意を教えてくれる動画講義です。「i-smile(アイスマイル)の動画」に出演している小野あきこ先生が、「TOEICとは何か」から実践的な勉強方法まで、10本の動画を通して丁寧に教えてくれます。

海外留学への参加権

第四の特典は、海外留学への参加権です。ドラマやゲームなどによる2ヶ月のレッスンがすべて終わったあと、実際に海外の語学学校(どこの国に行くかは入会後に発表)に行って、英会話の勉強をすることができます。なお「どのくらい行くか(最大1週間)」「いつ行くか」は、基本的に受講者の要望にできるかぎり合わせてくれるので、スケジュールに関してはほとんど心配はいりません。

ただし、宿泊費や交通費に関しては自分で支払う必要があります。また、参加権をもらえるタイミングが、「i-smile(アイスマイル)の動画」6本目を見終わった日の20~21時(1時間限定)となっています。

i-smileの公式HPへ

i-smile(アイスマイル)の講師について

i-smile(アイスマイル)の講師について

i-smile(アイスマイル)には多数の講師が所属しています。その講師の中で最も重要な人物に、デイビッド・セイン先生小野あきこ先生がいます。

デイビッド・セイン先生

冒頭で紹介したように、約300冊の英語本を書いてきた講師です。累計発行部数は、驚異の400万部超。テレビやラジオに出演したり、英語学校を運営されているなど幅広く活躍されています。

小野あきこ先生

デイビッド・セイン先生が最も信頼している日本人講師です。TOEICで満点を獲得するだけでなく、英検1級を取得。現在はセミナーで指導を行う以外に、大学で講義を行ったり、英語書籍の執筆・翻訳、さらに新しい英語教材の開発に携わるなどして英語業界を牽引しています。

i-smileの公式HPへ

i-smile(アイスマイル)の運営会社について

i-smile(アイスマイル)の運営会社について

i-smile(アイスマイル)の運営会社は、株式会社Creajoyです。有名講師デイビッド・セインが運営していること、特商法に基づく表記がしっかり掲載されていることから、詐欺会社では決してないと断言できます。

i-smileの公式HPへ

i-smile(アイスマイル)の口コミ

i-smile(アイスマイル)の口コミ

最後に、i-smile(アイスマイル)の口コミをご紹介します。

ドラマが面白かった

i-smile(アイスマイル)のドラマが予想以上に面白かった。気がついたら2ヶ月やり通すことができていて、英語が話せるようになっていました。これまでどんな英会話教材でも続かなかったので、自分でも驚きです。

隙間時間を有効活用

ドラマは1回15分だし、スマホゲームも1回1回が短いので、隙間時間を見つけてはi-smile(アイスマイル)をやっていました。おかげで必要なフレーズもしっかり覚えられて、実際の会話のときも「あれ、このときなんて言うんだっけ??」っていうのがなくなりましたね。

料金が安い

このレッスン内容に加えて、特典の多さを考えたら、むしろ安いほうだと思います。それに英語は、これから先ずっと役立つものだし、元なんてすぐ取れるんじゃないかなと。あんまり裕福ではないですけど、i-smile(アイスマイル)の申し込みに関しては一切後悔していないです。まあ、i-smile(アイスマイル)が詐欺でもなんでもなくて、話せるようになったから言うんですけどね(笑)。

海外留学付きで驚いた

追加料金なしで海外留学ができることに本当に驚いた。旅費は必要ですが、もともと通訳なしの海外旅行が目的だったので、正直あまり気にならなかったです。

i-smileの公式HPへ

まとめ

まとめ

i-smile(アイスマイル)は、ドラマやゲームによるレッスンなど、英語勉強の常識を覆すメソッドが多く採用された英会話教材です。「楽しく趣味のように学びたい」「暗記が苦手、無理」という人には、最適な教材と言えます。

もし「胡散臭い」「怪しい」と心配でも、無料体験を受けるのは損ではないので、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。ご自身の手で確かめ、納得のいく選択をしていただけたら幸いです。

i-smileの公式HPへ TOPページを見る
英語教材の関連記事一覧
英語教材の記事をもっと見る TOPページを見る