【英語独学】知識ほぼゼロの大人が「話せる!」となるための基本手順

【英語独学】知識ほぼゼロの大人が「話せる!」となるための基本手順

「英語が話せるようになりたい」

「でも、教室に行く時間はないし、留学する余裕もない」

独学で英語を身につけたい大人の方は、きっとこのように考えていることでしょう。

そこでこの記事では、英会話がほとんどできない方が、駅前の英会話教室に通い詰めたり留学したりすることなく、自学習で英会話を身につけるための3つの手順をご紹介します。前に学習をしたけれど挫折してしまった……という方も、ぜひ再チャレンジのためにご参考ください。

①独学で失敗しないためのポイントをおさえよう

【英語独学】知識ほぼゼロの大人が「話せる!」となるための基本手順

大人の方が独学で英語を身につけたいと思ったら、まずは失敗しないためのポイントをおさえることが大切です。どうして今まで話せなかったんだろう……そんな疑問を解消しておけば、モチベーションが下がりにくくなり、学習が続きやすくなります。

ありがちな失敗例

まず、どんな失敗例があるのかから確認しましょう。ここでは、ありがちなふたつの例をご紹介します。

例1・学習前に意欲が燃え尽きてしまう

大人の方が独学で失敗してしまうパターンに、実際に学習する前に意欲が低下することがあげられます。たとえば英語学習と聞くと、英語の本を使って学ぶことが思いつきますよね。どんな本がおすすめなのか、どんなテキストなら英語が身につくのかと考えながら探す人は多いでしょう。

ところが今は、いろんな本がいろんな出版社から刊行されています。自分にぴったりなテキストを探すのにもひと苦労です。そのため、おすすめの本を見つけて購入すると、何か達成感のようなものを覚えてしまい、それで満足してしまうという落とし穴にはまる人が少なくありません。

これは英語の本だけでなく、アプリや英会話教室にも同じことが言えます。もちろん、購入したり入会したりしただけでは話せることは一切ありません。ですが、失敗したという人の話を聞くと、このパターンに当てはまる人が驚くほど多くいます。

例2・モチベーションが保てず挫折してしまう

もうひとつ、よくある失敗パターンとして、せっかく学習を始めたにもかかわらず、途中で挫折してしまうことがあります。最初はやる気に溢れていたのに、何かをきっかけに、突然エンジンが切れたようにやめてしまった……。この記事を読んでいる人の中には、もしかしたら思い当たる人もいるかもしれません。

失敗しないためには何をすればいい?

では、どうすればこのような失敗を避けられるのでしょうか。解決方法は人によって千差万別ですが、独学で英語を身につけようとしている大人の方に比較的有効なものとして、以下のふたつがあります。

解決法1・何をもって英会話ができると言えるのか知る

英会話ができるようになりたいと考えたときは、同時に何をもって英会話ができると言えるのか知ることが大切です。英会話ができるとは、豊富なボキャブラリーを覚えることでも難解な文法を自由自在に操れるようになることではありません。相手の話すことが聞き取れて、相手に自分の伝えたいことが伝えられる。これが英会話ができるようになる基本にして奥義です。

英会話を学習したいとなっても、何から始めたらいいのかわからないとなるのは、これがはっきりしていないからです。そのため、多くの人がとにかく英語の本を買ってこよう、とにかく英会話教室に行こうとなる。ただ英語学習というものが曖昧なままなので、その目的を達成するとどこか英語勉強したような感覚になってしまう。これが、学習前に燃え尽きるひとつの要因です。

解決法2・学習を続けられる環境や自分なりのやり方を見つける

独学をしたいと考えている大人の方は、何を学習するかよりも、どこでどう学習するかに重点を置くほうが大事になってきます。というのも、たとえば「はい、じゃあみなさん!これから毎日5時間、英語勉強のための時間を確保してくださいね!」と言われても、難しい人がほとんどではないでしょうか。

朝から夕方まで仕事をしていて、夜遅くにまでのときもある。子どもがいるから、何かとやることがある。そのような人が大半だと思います。

ただ、英語学習は続けることが一番大事です。無理に毎日長時間する必要はありません。1日30分でもいいから毎日毎日英語に触れる。これだけで随分変わります。私たちは日本語に毎日触れて、ここまで日本語が話せるようになりました。それと同じです。

ですので勉強を始める前に、日々の生活の中で、少しでもいいから学習できるタイミングを見つけておいてください。「なんとかなるだろう」では、なんとかなりません。人はすぐに自分を甘やかそうとするので、「自分はここのタイミングでしか勉強できないから、今サボったらアウト」ということをはっきり自分に知らしめておく必要があります。

②話す力と聞く力を徹底的に鍛えよう

【英語独学】知識ほぼゼロの大人が「話せる!」となるための基本手順

英会話ができるとは、相手の話すことが聞き取れて、相手に自分の伝えたいことが伝えられることだとお話しました。そうなれば独学で何をすればいいか、はっきり見えてくるでしょう。英語独学の第一歩は、聞く力(リスニング)と話す力(スピーキング)を磨くことです。

聞く力を鍛えるには?

日本人は、特に英語を聞き取るのが苦手だと言われています。理由はいろいろですが、たとえば英語は日本語と違って、文章と発音が必ずしも連動していない点があげられるでしょう。

英語と日本語の違い

日本語の場合は「りんご」と書いてあったとき、「り」「ん」「ご」と発音すれば、「りんご」という言葉が発音できます。ですが英語の場合、「apple」と書かれていても、「エー」「ピー」「ピー」……と言っても通じませんよね。

また、単語ひとつひとつの発音と、文章になったときの発音がまるで違うのも英語の特徴です。たとえば知らない単語が出てきたときに「What does that mean?(それはどういう意味ですか?)」と意味を教えてもらうフレーズがあります。日本語では「それはどういう意味ですか?」とひとつひとつの音を発音して言いますが、英語の場合は

「ホワット ダズ ザット ミーン?」とは言いません。「What」の「t」や「does」の「es」が消えるようにして発音されます(試しにGoogle翻訳で聞いてみてください)。

繰り返し英語を聞いて意味を確認

英語と日本語にはこのような決定的な違いがあり、克服するには聞く力を鍛えるしかありません。そのためには、とにかく英語を聞くことが大事です。ただ聞き流すのではなく、「これは何を言っているのだろう」と考えながら聞いてみましょう。

区切りのいいところまで聞いたら、一度日本語の意味を確認します。そしたらもう一回聞いて、また確認。これを繰り返せば、「なるほど。これは、大体こんな感じのことを言っているんだな」というのがわかってきます。

話す力を鍛えるには?

話す力を鍛えるには、ふたつの方向からのアプローチが必要です。

瞬時に英文を作れるようにする

ひとつは、自分の言いたい内容の英文を、瞬時に作れるようにすることがあげられます。難しいように聞こえますが、ポイントは「文章を単純化すること」です。実は海外の人は、日常生活でそれほど難しい文章を言っていません。中学校で習ったようなシンプルな文章で、英会話は成り立つのです。

単純な英文を頭の中で作る練習としておすすめなのが、たとえば普段自分が今思っていることを、一歩突っ込んで「これって英語だとどう言うんだろう」と考えてみること。実際にノートに書き出してみると、なおいいでしょう。わからなかったらネットで調べたり、英語の本に書かれている文章をアレンジして作っていけば、即座に実践で使えるフレーズ集ができあがります。

フォニックスを身につける

もうひとつは、作成した英文をネイティブに伝わるような発音で言えるようにすることです。発音を鍛えるには、とにかく正しい発音を知って口に出すのが鍵。そのためには、フォニックスを先に身につけるといいでしょう。

フォニックスは、ネイティブの子どもたちが発音を学ぶときに教わる学習方法で、これを理解すれば綴りをみただけで正しい発音がわかります。つまり自分が作成した文章を、ネイティブらしい発音でできるようになるのです。

これ以外にも、たとえばテキスト付いているCDや動画、アプリなどで英語の発音を聞いて、それに対してついていくように発音をするのも効果的です。いずれにしても一回でうまく発音できることはないので、繰り返し練習するようにしてください。

英単語や英文法の学習はどうする?

「聞く力や話す力が大切なのはわかった。けど、英単語や英文法はどうすればいいの?それも大事って聞いたよ」と思う人もいるでしょう。英単語や英文法も、もちろん大事です。ですが、今ご紹介したような話す力や聞く力を鍛えるトレーニングをするうちに、自ずとある程度の必要なものは身についていきます。

また、単語や英文法の学習は、ある程度話せる楽しみがわかってきたほうが理解しやすいし続けやすいものです。食材の名前も、ただ覚えるより、料理が不器用ながらでもできたほうが(いろんな食材を使ってみたいとなって)、自然に覚えられます。ですので、英単語や英文法の学習は、聞く力や話す力を鍛える中で、「もう少し表現の幅を広げたい」「ボキャブラリーを増やしたい」と思ったら、少しずつ補うようにするといいでしょう。この方法は、英単語や英文法の膨大な量に圧倒されて、挫折してしまった人に、なおのことおすすめです。

英語の本で独学するときの注意点

聞く力や話す力を鍛えるとき、英語の本を使って学んだほうが効率がよくなることもあります。最近のテキストはCDが付いているのがほとんどで、正しい発音を繰り返し聞けるからです。真似して発音することを前提に作られているものもあります。

以下の記事では、英語を勉強するときにまず手に取りたい本を、目的別にご紹介しています。本当は自分で中身を見てじっくり吟味するのが大事ですが、「テキスト選びに疲れてしまった」「選ぶ時間が本当にない」という英語初心者の人は参考にしてください。

ただ、英語の本は、あくまでリスニングとスピーキングを磨くためのサポーターです。自分にぴったりなテキストを選んだり、その本に書かれている内容をマスターしたりするのが目標ではないことに注意しましょう。これは、最近注目されつつある英語学習アプリやYouTubeチャンネルを利用するときも同じです。

③実際に英会話をしてみよう

【英語独学】知識ほぼゼロの大人が「話せる!」となるための基本手順

聞く力や話す力のある程度磨いたら、実際に英会話に挑戦してみましょう。自分の身につけた表現方法や発音が相手に伝わるのか、相手が言うことをきちんと聞き取れるようになっているのか、それは実際に会話してみないとわかりません(この意味だと、完全独学でマスターするのは難しいと言えます)。

大人の方に適しているのはオンライン英会話

英会話の相手となってくれる人を探すときは、オンライン英会話がおすすめです。オンライン英会話は、英会話教室より利用時間が柔軟(24時間対応のところもある)で、留学するよりもはるかに安く済みます(月額数千円程度)。

オンライン英会話も、英語教材と同様にいろんなものがありますが、中でも『DMM英会話』『ネイティブキャンプ』は人気です。どのような講座なのかは、下記で詳しく説明しているので、よければ参考にしてください。

オンライン英会話は、もちろん授業を受けるだけでも十分なトレーニングになります。ですが、レッスン前にどんなことを話そうか考えて英語の文章を書いてみたり、レッスン後にうまく表現できなかったことなどを記録したりすると、より効果的です。1か月も経たないうちに、自分で自分の劇的な変化にきっと驚くと思います。

英会話に挑戦するタイミング

オンライン英会話に挑戦するタイミングは、自己紹介を英語でスムーズに言えるようになったときがいいでしょう。なぜならオンライン英会話で相手をしてくれる講師は、「はじめまして」の人がほとんどだからです。レッスンの最初に必ずと言っていいほど自己紹介が求められるので、ある程度口から出せるようになっておけば、過度に緊張することもなくなります。

まとめ

【英語独学】知識ほぼゼロの大人が「話せる!」となるための基本手順

本文でも紹介したように、英語を身につけるのに必要なのはモチベーションです。そういった意味で言えば、大人の方のほうが、学生よりも英語が話せる位置にいると思います。独学で英語を身につけようという気持ちほど、モチベーションの高さが現れているものはありません。

なので、あとはモチベーションの高さを保つための仕組みを作るだけなのです。失敗しないポイントをおさえ、聞く力と話す力を徹底的に鍛えたら実際の英会話に挑戦するという今回ご紹介した手順は、まさにそのひとつと言えるでしょう。読者の中に、英語独学に対する不安や心配事が、少しでも消えた方がいることを願っています。

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る