社会人が一から英語を勉強したいと思ったら何から始めればいい!?

社会人が一から英語を勉強したいと思ったら何から始めればいい!?

「英語を勉強したい」と常日頃から思っているけれども、実際何も手をつけられていない、そんな方が非常に多いと思います。

なぜ手をつけられないのか、それは何から始めていいかわからないからではないでしょうか。

そこでこの記事では英語を一から学び直す、導入の一歩として参考になれば幸いです。

英語を勉強するにあたってのゴールは?

英語を勉強するにあたってのゴールは?

英語を勉強するにあたって一番最初に決めておきたいことは目標です。

軽く英語を読み書き出ることなのか、ビジネスで通用できるほどの英会話を目指すのかといったように自分が目指したいもの、「なりたい自分」への理想像を持っているはずです。

そこを明確にしておくことで勉強方針が変わってきますのでしっかりと決めておくことが大事です。

もちろん、目標が高いほど勉強は大変になりますのでモチベーションの維持というもの大事になってくるでしょう。

どんな勉強が必要?

どんな勉強が必要?

英語を勉強する際に大きくジャンルを分けると以下の四つになります。

・リーディング

・ライティング

・スピーキング

・リスニング

リーディングとライティングは読み書きなので文法や英単語を覚えるといった作業が必要になるでしょう。

スピーキングとリスニングは一般的には英会話教室に通う、リスニング用のCDを聴き込んで発音練習も兼ねるといったものがあります。

実際、英単語も何も知らない状態でリスニングの勉強を始めても難しいかもしれません。導入としてはリーディングやライティングから始めるのが一般的のようです。

リーディングとライティングはまずは中学英語レベルからはじめよう!

リーディングとライティングはまずは中学英語レベルからはじめよう!

現在社会人の方たちの大半が初めて英語を学習したのは中学一年生の時だと思います。まずはその原点である中学一年生レベルのところから復習をしていきましょう。

英会話はほとんど中学英語レベルの単語と文法で理解することができるとも言われていますので、まずは基礎をしっかり固めるのが必須です。

英語を一から勉強するのであれば、中学英語は完全に網羅することが英語マスターへの第一歩と言えるでしょう。

ビジネスレベルに持っていくには?

ビジネスレベルに持っていくには?

実際中学レベルの英語でも英語のほとんどを理解することができるようになるでしょう。

しかし、ビジネスレベルとなってくると話は変わってきます。

現在、日本ではTOEICという国際ビジネスコミュニケーション協会が行っている試験の点数でビジネス英語力というのを判断していることが多いです。

600点取れればそこそこ、800点以上は英語ができると判断されることが多いようです。

なので、ビジネス英語に必要なビジネス英単語などはTOEIC試験用の対策英単語帳や、問題集から学ぶのが手っ取り早く集約されていて勉強しやすいと言えます。

リスニングとスピーキングはどうやって勉強する?

リスニングとスピーキングはどうやって勉強する?

リスニングとスピーキングはなかなか勉強しづらいと思っている方は多くありませんか?今ではYoutubeやデジタル配信などで英語に触れる機会というものが格段に増えてきています。

気軽にできる方法をいくつか紹介したいと思います。

シャドーイング

シャドーイングとはリスニングとスピーキングを同時に鍛えられることができる勉強方法になっています。

方法は簡単で、英語の音声を聞きながらそれを真似して同時に発音していくといったものです。音声が終わってから英語を発音するのではなく、1テンポほど遅れて発音します。

後から音声に追いつくように発音するので影のようにひっつくことでシャドーイングと呼ばれているのです。

これは英語を聞きながら発音しながら、そして発音する際に英文を読むという脳内での処理が行われるので、リスニングとスピーキングだけでなくリーディングスキルまで向上できるというのでかなりオススメの勉強方法となっています。

Amazonなどでもシャドーイングと調べてみるとたくさんの参考書が出てくるので是非参考にして見てください。

英語の音声にひたすら触れる

こちらはリスニング力を向上させる方法として挙げさていただきました。先ほども述べたとおり、英語の動画や音声というのはネットを調べればいくらでも出てきます。

ネットですぐ見れるオススメのものが「TED」です。

https://www.ted.com/

TEDは、Technology Entertainment Designの頭文字をとったもので様々な分野のプレゼントークが人気の動画になっています。

動画を見てみる英語と日本語両方の字幕を選択できるので、リスニングで自分が聞いた英語は間違いないか、翻訳はあっているかを同時に確認することができます。

他にも洋画を字幕で見て聞いた内容と字幕があっているかを確認するという作業もリスニング力アップに繋がる勉強方法と言えるでしょう。

最後に

最後に

社会人が一から英語を勉強したいと思った時に何から始めればいいかを紹介してきました。

まずは中学英語の復習とスピーキングとリスニングの為に英語の音声に触れるということが大事です。

そして何より勉強を続けるモチベーションが大事なので、いきなり難しい問題集や参考書を買ってやる気をなくすよりかは自分のレベルにあって着実にスキルアップしていくのがいいでしょう。

TOPページを見る
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る