英語勉強における”計画”の立て方

英語勉強における”計画”の立て方

グローバル化する昨今で英語は必須科目

英語が当たり前のように話せる人が増えている中で自分もしっかりと英語を身につけたいと思っている人は沢山います。

しかし、闇雲に英語を勉強したいと思っていてもなかなか上手くはいきません

社会人の英語勉強のテーマはしっかりと外国人とコミュニケーションがとれるようになる事だと思います。

その為にはどうすれば良いのか、きちんと成果の出るやり方で英語を勉強する為には計画的に取り組まなければいけません。

ではどのように計画を立てれば良いのか、しっかりと計画を立てる事で短期間でも実用的な英語を勉強する事が出来るようになりますので、事前準備としてどういった計画を立てるべきかとお悩みの人に参考になるような計画の立て方を紹介出来ればと思います

実際に外国人とコミュニケーションをとれるようになる必要な事とは

実際に外国人とコミュニケーションをとれるようになる必要な事とは

英語を学習すると言っても学ばなければいけない事は色々とあります。

単語や文法を学ぶ事も必要ですが、最終的に必要なのは「英語を話せるようになる事」「英語を聞きとれるようになる事」だと思います。

単語や文法を学んでいく中でその目標を見失いがちになってしまいますが、しっかりと最終的な目標を見据えて勉強する事を意識してみましょう

英語勉強の計画の立て方としてどんな方法があるのか

英語勉強の計画の立て方としてどんな方法があるのか

では実際に英語勉強計画を立てていく方法としてどういったものがあるのか、大切なのは“自分のライフスタイルにあった計画を立てる”という事です。

計画段階で無理な事をしてしまっては予定通りに進まずやる事、やらなければいけない事に追われて挫折にもつながりますし、それが原因で英語が嫌いなってしまう場合もあります。

決して無理な計画を立てずに、自分に出来る限りで効果的な勉強の出来る計画を立てるという事を意識しましょう

まずは自分の今のレベルを知る。

無暗に計画を立てようとしても自分の今のレベルを把握していなければ計画の立てようがありません

まずは自分の英語力がどの程度のものなのか、何が必要なのか、そういった事をしっかり把握する事で計画性のある英語勉強を取り入れる事が出来るようになります。

目標にあった勉強計画を立てる。

自分の今のレベルを把握したら何が必要かという事を考えて、まずは大雑把な目標を立てましょう

この時に立てる目標で決して無理をし過ぎてはいけません。

しっかりと自分が取り組めるであろう範囲で明確な目標を決める事で今後具体的な勉強計画を立てる時に役立ちます

目標に合わせて必要な事を段階化して計画を立てる。

目標を立てたらその為に必要な事がなんなのかを細かく考えてみましょう

この時に勉強に必要な教材などがあればそれをリストアップしておくと今後の計画作りに役に立つと思います。

また、この段階で最初に立てた目標が高すぎた場合には目標自体を少し見直してみる事も有効です。

最初は背伸びしすぎずに楽しみながら出来るレベル感を意識するという事が必要です

これは行動科学マネジメントの観点からも、「ハードルを低くする事が大事」と言われているので、ちゃんと「頑張ればクリア出来るレベル」を意識して目標を立てましょう。

具体的なスケジュールを組み立てる。

目標を決めたら、その達成予定日から逆算してスケジュールを立てていきましょう。

この時のポイントとしても、

・月間の大きなスケジュール

・週間の中間的なスケジュール

・1日の細かなスケジュール

と、3段階くらいにわけて考える事をオススメします。

この時に大切なのは、計画通りに進められるスケジュールを組むという事

一度計画が崩れるとそれがモチベーションの低下にも繋がります。

最初のうちは1週間のうちに予備日を設定したりと、余裕を持ったスケジュールを組んでみると続けやすくなると思います

スケジュール管理をする方法

スケジュール管理をする方法

具体的なスケジュールを組んだらそのスケジュールを管理する事も重要です。

その為にはプライベートやビジネスなどで使っているスケジュール帳などとは別に英語学習用としてメモ帳や手帳を用意するのをおすすめします。

この場合エクセルなどで自分の計画表を作成してつかうのもいいですし、スマホアプリ等も便利ですよね。

そこで、個人的にオススメなツールを紹介します

Studyplus(スタディプラス)

こちらはアプリの利用者が70万人を超える勉強アプリの定番です。

勉強時間の登録や、アプリ内にコミュニティ機能もあり、スケジュール管理以外にも英語学習をする上で役立つツールとなっていますので、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

自分の勉強の進捗状況もグラフで確認出来ます

実際に受験生や学生に多く利用されているアプリですし、無料で利用できるので個人的には非常におすすめです。

Googleカレンダー

スケジュール管理と言えば有名なのはやっぱりGoogleカレンダーですね。

非常に多くの方が利用していますし使い方も簡単でわかりやすいのがポイントです。

時間単位でスケジュールを書き込めるので、細かくスケジュール管理するのにも役立ちます

他のアプリとも関連付けることが出来るので、普段使っているアプリなどがあれば連携させる事が出来るというのも魅力的ですよね。

計画の見直しをする事も必要。

計画の見直しをする事も必要。

すでに自分の中での英語勉強計画を立てている方もいるかもしれません。

しかし、その計画は無理なく実行できているでしょうか。

これまで紹介した計画の立て方を参考にして、自分の計画の見直しを図る必要があると感じた場合には出来るだけ早く計画を見直す事が必要です。

計画の見直しは別に悪い事ではありません。

ここで紹介した方法を利用して計画を立てた場合にも無理を感じた時には速やかに計画を見直す事も必要です。

大切なのは無理なく自分に合った計画で英語勉強を進めていくという事

自分に合ったやり方が見つかるまでは思い切って計画を見直す事も必要ですよ。

短期間でも効率的に英語勉強する為の計画

短期間でも効率的に英語勉強する為の計画

急な海外出張や海外赴任、海外からのお客さまへの対応など、短期間で英語を学ぶ必要があるという場合もあると思います

もちろん短期間で完全に英語をマスターするのは大変ですが、しっかりとした計画を立てる事で短期間でも効率的に英語勉強を始める事が出来るようになりますので、その為に有効な方法をいくつかご紹介します

外国人と積極的に交流をもつ

「習うよりも慣れろ」の精神ですね。

実用的な英語を身につけるにはやはり英語と触れ合う事が大切です。

その為には外国人の多くいる場所に自ら飛び込んでいく事も非常に有効的な方法と言えます。

英語勉強の計画の中にそういった時間を設けるという事も短期間で実践的な英語力を身につける為には必要な事だと言えます。

英語から逃げない

勉強計画とは別の観点の話にはなりますが、短期間で英語を身につけるには英語から逃げないという事も大切です。

実は英語というのは日常にとても溢れかえっています。

しかし、英語に苦手意識をもっている人は無意識のうちに英語を敬遠しているものです。

「ちゃんとした英語を話せないから…」という理由で尻込みしていると、せっかく英語を話すチャンスがあってもその機会を逃してしまいます。

自分から積極的に英語に触れあいにいくという事は短期間で英語を身につけるには非常に有益です。

多くの時間を投資する事が必要不可欠

短期間での英語学習方法と言いながら矛盾してしまいますが、実際に英語というのは短期間で身につけるものではありません。

英語圏の外国人は生まれた時から英語と触れ合っているから英語を話せるのです。

それでもなるべく短期間で英語を学習する為にはこちらで紹介した方法を参考にして効率よく英語勉強計画を立ててみて下さい。

TOPページを見る
本日のおすすめ英語教材はこちら
英語学習の関連記事一覧
英語学習の記事をもっと見る TOPページを見る